試食

スタバからイチゴ果肉の甘酸っぱさをこれでもかと再現した「ゴロッと」&「シュワッと」なイチゴフラペチーノが登場したので飲んでみた


スターバックスからイチゴ味の真っ赤なフラペチーノに「ゴロッと感」と「シュワッと感」を加えた「ゴロッと イチゴ フラペチーノ」と「シュワッと イチゴ フラペチーノ」が2020年6月8日に登場しています。2種のイチゴフラペチーノはそれぞれどんな仕上がりなのか、実際に飲んでみました。

ゴロッと イチゴ フラペチーノ®|スターバックス コーヒー ジャパン | ビバレッジ メニュー : フラペチーノ®
https://product.starbucks.co.jp/beverage/frappuccino/4524785438996/

シュワッと イチゴ フラペチーノ®|スターバックス コーヒー ジャパン | ビバレッジ メニュー : フラペチーノ®
https://product.starbucks.co.jp/beverage/frappuccino/4524785421707/

スターバックスに到着。


さっそく「ゴロッと イチゴ フラペチーノ」(左)と「シュワッと イチゴ フラペチーノ」(右)を購入しました。


フタをあけて並べるとこんな感じ。「ゴロッと イチゴ フラペチーノ」の方はカップ側面にもホイップクリームが確認でき、「シュワッと イチゴ フラペチーノ」はカップ下の方に濃い赤色のゼリーが入っているのがわかります。


まずは「ゴロッと イチゴ フラペチーノ」からみていきます。サイズはホイップクリームの高さ込みで全長138.4mmのiPhone SEと同じくらい。


ホイップクリームには、イチゴの果肉や種が入ったストロベリーソースがかけられています。


底にはイチゴ果肉がたまっていました。


さっそく飲んでみると、「凍らせたイチゴをミキサーにかけました!」という感じの果汁の甘酸っぱさが口いっぱいに広がります。その名の通り果肉がストローを通して口の中にゴロッと入ってきて、かなりのジューシーさです。強めの酸味とバランスを取るために甘さもかなり強く調整されているので、果肉たっぷりの甘酸っぱいイチゴジャムをさわやかなドリンクに仕立てた感じ。


ホイップクリームもたっぷり入っており、イチゴを前面に出したフラペチーノと一緒に飲むと、イチゴミルクのようなまろやかな味わいが楽しめました。


「シュワッと イチゴ フラペチーノ」も飲んでみます。


カップの底にはイチゴ果肉とストロベリージェリーが入っています。


飲んでみたところ、「シュワッと イチゴ フラペチーノ」の「シュワッ」は炭酸の意味だったことが発覚。イチゴの甘酸っぱさの中に微炭酸が混じり、より爽やかな飲み口になっていました。また果肉だけでなくジェリーも入っているので、よりデザートに近い雰囲気です。「ゴロッと イチゴ フラペチーノ」はイチゴの果汁・果肉の存在感が前面に出ているので「正統派イチゴドリンク」という感じですが、「シュワッと イチゴ フラペチーノ」は果実感は控えめなものの、意外性のあるドリンクとなっていました。


なお、「ゴロッと イチゴ フラペチーノ」と「シュワッと イチゴ フラペチーノ」はいずれもトールサイズのみの提供で、税抜640円です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
いちごの果肉をたっぷり使ったかき氷「生いちご」を志むらで食べてきました - GIGAZINE

福岡名産のあまおうを丸ごと凍らせてゴリゴリ削ったあまおう100%のかき氷「あまごり」を食べてきました - GIGAZINE

妖怪がいちごを飲み込んでいるようなカワイイ大福「妖怪いちご大福」 - GIGAZINE

ショートケーキが超進化を遂げたような果実園リーベルのズコットを食べてきた - GIGAZINE

新鮮フルーツを思う存分味わいたい人のためのフルーツパーラー「果実園リーベル」 - GIGAZINE

フルーツをおかずに昇華させたサンドイッチなど明治から続く農園の「果物の本気」を垣間見る「堀内果実園」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.