ハードウェア

インターネットもGPSも使用しないウェアラブルな「新型コロナウイルス接触追跡デバイス」がシンガポールで配布される


2020年3月ごろまでは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の死者がたった2人しか確認されておらず、COVID-19対策の手本とされてきたシンガポールですが、その後COVID-19感染者が急増し、一転して「東南アジア最悪」の被害を出しています。そんなシンガポールが、インターネットやGPSを使用しないという新しいアプローチの「新型コロナウイルス接触追跡デバイス」を発表しました。

Contact-tracing device will not track location; people can use TraceTogether if they prefer, says Vivian Balakrishnan, Singapore News & Top Stories - The Straits Times
https://www.straitstimes.com/singapore/contact-tracing-device-will-not-track-location-and-people-can-use-tracetogether-if-they

Singapore looks to ease privacy fears with 'no internet' wearable device | ZDNet
https://www.zdnet.com/article/singapore-looks-to-ease-privacy-fears-with-no-internet-wearable-device/

シンガポール政府は2020年4月に、Bluetoothを用いた接触追跡アプリのTraceTogetherをリリースしました。政府の発表によると、TraceTogetherは人口の25%に当たる約180万人が自分の端末にインストールしていますが、理想的な参加率とされる75%にはまったく届いていないのが実情とのこと。

by Government Technology Agency of Singapore

TraceTogetherの普及が進まない背景には、インストールした端末のバッテリーの寿命が大幅に短くなるという不具合や、iOSの「アプリがバックグラウンドになるとBluetoothを一時停止する」という仕様によりiPhoneなどでは適切に動作しないという問題があると指摘されています。

そこで、シンガポール政府は6月8日に、アプリに代わる新たな取り組みとして「TraceTogetherトークン」をシンガポール在住者に配布する計画を発表しました。シンガポール政府のIT事業「Smart Nation」の担当相であるVivian Balakrishnan外相は記者会見で「特に強調したいのは、TraceTogetherトークンには電子タグもGPSもないことです。その代わりに、Bluetoothで検知した接触データのみが記録され、接触を追跡する用途でのみ機能します」と述べました。

TraceTogetherトークンはスマートフォンなどとは独立したウェアラブルデバイスで、6月の後半から順次シンガポールに住む人への配布が開始される予定です。また、Balakrishnan氏によると、配布されてもトークンの携行は義務づけられていないとのこと。ただし、今後の義務づけについては「現時点では予測できません」と述べて、COVID-19の感染状況や保健当局の判断次第では、何らかの規制が行われる可能性に含みを持たせました。


政府が新たに始める接触追跡の取り組みに対し、シンガポール国民からはプライバシーを懸念する声があがっています。オンライン署名サイトChange.orgでは、TraceTogetherトークンの配布に反対する署名活動が展開され、記事作成時点で3万9727件の署名が寄せられました。

こうした懸念に対し、Balakrishnan氏はFacebookへの投稿で「プライバシーに関する懸念を寄せてくれた皆さんに感謝します。私も同じ気持ちです。だからこそ、私はTraceTogetherトークンがGPSやインターネット接続をしないことを保証します。利用者に関するデータは暗号化され、25日後には削除されます。唯一データが活用されるのは、利用者がCOVID-19の検査で陽性と診断された場合に、接触者の特定する必要がある時のみです」と述べて、理解を求めました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
自宅隔離を拒否した新型コロナウイルス患者に「足首に追跡装置を着用するように」との裁判所命令が下る - GIGAZINE

新型コロナウイルス感染症追跡アプリが位置情報などを送信しているという調査結果 - GIGAZINE

イタリア政府が作った新型コロナウイルスの感染追跡アプリ「Immuni」の全ソースコードがGitHubにて公開中、詳細な解説ドキュメント付き - GIGAZINE

新型コロナウイルスの接触追跡アプリに100万人のデータが流出リスクにさらされる欠陥があったと判明 - GIGAZINE

中国で新型コロナウイルス接触追跡アプリをそのまま市民の健康追跡アプリにする計画が進行中 - GIGAZINE

AppleとGoogleの「新型コロナウイルス追跡システム」を実装したアプリでは位置情報の追跡を禁止 - GIGAZINE

新型コロナウイルス感染者を追跡するために世界ではどのようなテクノロジーが用いられているのか? - GIGAZINE

新型コロナ追跡システムの開発で「プライバシーを守るために開発で注意すべきこと」がわかるベトナム政府謹製アプリの脆弱性の数々 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ネットサービス,   ハードウェア, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.