メモ

新型コロナウイルスは2019年秋に広がり始めていた可能性を研究者が指摘


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の存在は2019年12月31日に中国からWHOに正式に通知され、2020年1月23日には中国・武漢市がウイルスの感染拡大を防ぐためにロックダウンされました。このためCOVID-19は2020年に入ってから猛威を奮ったと考えられていましたが、実は2019年12月にすでにフランスで広まっていた可能性が指摘されています。そして新たに、研究者は武漢市の衛星写真とインターネットの検索結果を分析した結果、2019年秋にはすでにウイルスが広まっていた可能性を指摘しました。

Analysis of hospital traffic and search engine data in Wuhan China indicates early disease activity in the Fall of 2019
https://dash.harvard.edu/handle/1/42669767

Satellite data suggests coronavirus may have hit China earlier: Researchers - ABC News
https://abcnews.go.com/International/satellite-data-suggests-coronavirus-hit-china-earlier-researchers/story?id=71123270


新しいウイルスの起源を調査することは通常でも非常に難しいものですが、COVID-19の場合は中国が世界の保健当局との全面的な協力を拒んだことから、より複雑になっています。

そこでハーバード大学医学教授のジョン・ブラウンスタイン氏とボストン大学の研究者たちは、商業的な衛星写真を分析するという諜報機関が用いる手法で、武漢市の病院周辺の車の数を過去数年にわたって調べ「数の劇的な増加」を確認しました。


「駐車場が満杯であれば、病院は忙しいということになります。車が増加し病院が忙しくなるのは、そのコミュニティ内で何かが起こっているということを意味します。感染症が増加し、人々が医師にかからなければならない状態だからです」とブラウンスタイン氏は述べています。

研究チームは2019年において、複数の病院で車の数が急増したことを確認しました。以下の色付きグラフは武漢の6病院における車の数の遷移を示しており、11月に入る前にグラフが跳ね上がっていることが確認できます。


研究チームによると、2018年10月10日に武漢天友病院には171台の車が並びましたが、2019年10月17日は285台と、車両数が67%増加していました。


また他の病院では2018年秋から2019年秋までに確認された車両数と比較して90%の増加が見られたと研究者らは述べています。武漢同済医科大学ではグラフの跳ね上がりは2019年9月半ばから確認されました。


ブラウンスタイン氏らは病院周囲の車の量に加え、同時期の中国の大手検索エンジン百度(Baidu)検索の傾向についても調査しました。呼吸器症状の1つである「せき」の検索クエリ数は毎年インフルエンザの流行時期と一致する形で変動しますが、インフルエンザに下痢症状はなく、COVID-19特有の症状だと研究者は考えました。そこでせきと下痢症状の2つの検索状況をグラフ化したところ、2つがパンデミックが始まった12月に同時に増加していることを確認。加えて、病院で確認された車両数が増加したのと同時期に、地域の車両数が増加したことが確認されました。


この調査結果から、研究者は病院の車両数データが「より説得力のあるものになった」と述べています。

ブラウンスタイン氏はこのデータだけでは決定的なものではなく、さらなる研究を行うことの必要があると認めていますが、グラフはある時期に武漢で「何かが起こった」という事実を指摘しています。また、Center for Discovery and Innovationの最高科学責任者のデイビッド・パーリン氏は今回の研究について「興味をそそられる」としつつも、「いくつかの手法には疑問があり、彼らの解釈はいくぶん拡大解釈だと思います」「私はデータのサブセット、チェリー・ピッキングなサブセットから推論を行う開始することを常に懸念しています。これらは暗示的なのです」とコメントしました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
新型コロナウイルスは無症状の人から感染することは「ほとんどない」とWHOの責任者が説明 - GIGAZINE

夏になると新型コロナウイルスの流行は収まるのか?最新の専門家の見解はこんな感じ - GIGAZINE

「新型コロナウイルスの感染者グラフ」が招く誤解とは? - GIGAZINE

新型コロナウイルス感染症から回復しても肺には深い傷跡が残るとの指摘 - GIGAZINE

新型コロナウイルスの重症化が国によって差があるのはビタミンD不足が原因である可能性を示す新たなデータと研究結果 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.