メモ

WHOが新型コロナ治療薬としてヒドロキシクロロキンの研究を再開


「服用すると死亡と心疾患のリスクが高くなる」という理由で一時停止されていた、世界保健機関(WHO)による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬としてのヒドロキシクロロキンの研究が再開されることが明らかになりました。

WHO Director-General's opening remarks at the media briefing on COVID-19 - 03 June 2020
https://www.who.int/dg/speeches/detail/who-director-general-s-opening-remarks-at-the-media-briefing-on-covid-19---03-june-2020


WHO resumes coronavirus trial on hydroxychloroquine after examining safety issues
https://www.cnbc.com/2020/06/03/world-health-organization-resumes-coronavirus-trial-on-malaria-drug-hydroxychloroquine-after-safety-concerns.html

WHO resumes hydroxychloroquine study for Covid-19
https://www.statnews.com/2020/06/03/who-resuming-hydroxychloroquine-study-for-covid-19/

ヒドロキシクロロキンは抗マラリア薬として使用されており、新型コロナウイルス感染症の治療薬としても注目されていました。しかし、副作用により死亡リスクと心臓合併症のリスクが大幅に増加する可能性があるとして、2020年5月25日(月)にWHOがヒドロキシクロロキンの研究を一時停止すると発表。

WHOが新型コロナ治療薬として期待されていた「ヒドロキシクロロキン」の研究を一時停止へ - GIGAZINE


研究の一時停止はヒドロキシクロロキンが持つ潜在的な有益性と危険性を評価するためのもので、2020年6月3日(水)に発表されたWHOのテドロス・アダノム事務局長のコメントにおいて研究の再開が明らかになりました。テドロス事務局長は「データ安全性モニタリング委員会がデータをレビューした結果、利用可能なデータに基づき、委員会のメンバーは『試験を変更する理由はない』と勧告しました。データ安全性モニタリング委員会は、試験中のすべての治療薬の安全性を引き続き注意深く監視しています」とコメントしています。


また、テドロス事務局長は、35カ国において3500人以上の患者を対象とした試験でヒドロキシクロロキンの試験を行う予定であると語っています。

・つづき
新型コロナ治療薬の可能性を持つヒドロキシクロロキンの危険性を主張した論文が撤回される - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
新型コロナ治療薬が入院患者の死亡・心疾患リスクを増加させていたという調査結果 - GIGAZINE

「医師が未実証の新型コロナウイルス治療薬をあらかじめ買い占めようとしている」と薬剤師たちが告発、本当に必要な人に薬が行き渡らない事例も発生 - GIGAZINE

「新型コロナウイルスの第2波は第1波よりも深刻なものになる」とアメリカ疾病予防管理センターが警告 - GIGAZINE

新型コロナウイルス感染症から回復しても肺には深い傷跡が残るとの指摘 - GIGAZINE

イタリア政府が作った新型コロナウイルスの感染追跡アプリ「Immuni」の全ソースコードがGitHubにて公開中、詳細な解説ドキュメント付き - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.