メモ

「差別への抗議デモを取材したジャーナリストを不当に逮捕した」として人権団体が訴訟を起こす

by Thomas Hawk

アメリカのNGOであるアメリカ自由人権協会(ACLU)が2020年6月3日に、「2020年ミネアポリス暴動を取材中のジャーナリストを故意に標的として不法な実力を行使した」として、ミネソタ州警察らを相手に訴訟を提起しました。

ACLU Files Class Action Lawsuit Against Minneapolis Police for Attacking Journalists at Protests | American Civil Liberties Union
https://www.aclu.org/press-releases/aclu-files-class-action-lawsuit-against-minneapolis-police-attacking-journalists

ACLU files suit on behalf of journalists in Minnesota - CNN
https://edition.cnn.com/2020/06/03/media/aclu-minnesota-journalists-lawsuit/index.html

ミネソタ州ミネアポリスで、警察官に拘束された黒人男性が死亡した事件を契機に発生した暴動では、「120人を超えるジャーナリストが警察から不当な暴力を受けている」と報告されています。

120人以上のジャーナリストが黒人差別抗議運動の取材中に警察から不当な暴力を受けているという報告 - GIGAZINE


報道の自由に対する侵害の追跡を行っているU.S. Press Freedom Trackerの報告によると、今回の暴動中に発生したジャーナリストへの攻撃は合計233件以上にのぼるとのこと。内訳は「逮捕/拘留が41件以上、暴行事件が153件」で、暴行事件のうち125件が警察によるものでした。


これを受けて、権利章典で保証されている言論の自由を守ることを目的としたNGO団体ACLUのミネソタ州支部がミネアポリス市、ミネアポリス市警、ミネソタ州警備隊を相手にした訴訟を起こしました。

ACLUは訴訟に関する資料の中で「この1週間、意図的に記者を狙った不法な暴力が特に顕著に激化しました」と指摘。また、ACLUの広報担当スタッフであるBrian Hauss弁護士は訴訟に際する声明の中で、「私たちは、報道の自由を規定した憲法修正第1条に対する全面的な攻撃に直面しています」と述べました。

ACLUはTwitter上でも「ジャーナリストは、一般市民が街頭にいることが禁止されている時に市民の代わりに何が起こっているかを記録します。ジャーナリストは私たちの権利を保護し、正義を確保するためには不可欠なのです。警察がその機能に制限を加えることは容認できません」と投稿し、警察により報道の自由が脅かされている現状を訴えています。


今回訴訟を起こしたのはACLUのミネソタ支部のみですが、今後さらにアメリカ全土のACLU支部が各地で訴訟を起こす準備を進めているとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
120人以上のジャーナリストが黒人差別抗議運動の取材中に警察から不当な暴力を受けているという報告 - GIGAZINE

暴動を取材していたCNNの黒人レポーターはなぜ生中継の最中に逮捕されたのか? - GIGAZINE

平和裏に始まった抗議デモが暴徒化し警察と衝突してしまうのは一体なぜなのか? - GIGAZINE

Appleが営業再開したばかりの小売店舗を再び閉鎖、全米で拡大する破壊・略奪行為を受け - GIGAZINE

MicrosoftはジャーナリストをAIに置き換えようとしている - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.