レビュー

QRコードを読み取るだけでWi-Fiにログインできるカードを簡単に作成できる「WiFi Login Card」


フリーWi-Fiを提供しているレストランやカフェなどでは、専用のカードにネットワーク名とパスワードが記入されており、これを入力することでWi-Fiに接続することが可能となります。そんなWi-FiのSSIDとパスワードが書かれたカードを手軽に作成できるサービスが「WiFi Login Card」です。Wi-Fiのネットワーク名とパスワードを入力すると自動生成されるQRコードをスマートフォンなどのカメラで読み取れば、面倒なパスワード入力作業なしで、簡単にWi-Fiにアクセスできるようになります。

WiFi Login Card
https://wifi.dev.bdw.to/


使い方はとても簡単で、WiFi Login Cardにアクセスすると2つのテキストボックスがあるので、ここにWi-Fiのネットワーク名とパスワードを入力すればOK。今回は架空のネットワーク名として「GIGAZINE_Net」、架空のパスワードとして「HOGEhogeHOGE123456789」と入力してみました。ネットワーク名やパスワードを入力すると、1文字追加されるごとに画面上のQRコードが変化します。


正しい情報が入力できたら、この画面をプリンターで印刷すればOK。画面下部の「Print」ボタンをクリックすれば印刷ウインドウが表示されるので、「印刷」をクリックすれば簡単に印刷できます。


というわけで、印刷するとこんな感じ。


WiFi Login Cardで作成したQRコードを実際に読み取ってみます。読み取りにはQRコードに対応しているiPhoneの標準カメラを使用。Android端末の場合はGoogle レンズなどでQRコードの読み取りが可能です。iPhoneの場合、カメラでQRコードを写すと、画面上部に以下のような通知が表示されるので、コレをタップ。


「接続」をタップ。


少し待つとパスワードの入力など一切なくWi-Fiに接続することに成功しました。


なお、WiFi Login CardのソースコードはGitHub上で公開されています。

GitHub - bndw/wifi-card: ???? Print a QR code for connecting to your WiFi

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
快適なWi-Fi環境を構築するためにはスピードテストだけでは不十分、詳細な検証ができるツールが公開中 - GIGAZINE

6GHz帯が利用可能になった無線LANの新規格「Wi-Fi 6E」が発表される - GIGAZINE

Wi-Fi接続の範囲を60m以上も広げる技術が開発される、ソフトウェアアップデートだけで簡単に導入可能 - GIGAZINE

家の中のWi-Fiエリアを低コストで今すぐ拡大する方法 - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.