レビュー

ハクスラ&デッキ構築を融合したダンジョン探索アクションゲームNintendo Switch版「ブック・オブ・デーモンズ」はお手軽ディアブロ風ゲーム


限られたカードを駆使して地下深くに潜む凶悪な悪魔に挑むNintendo Switch版「ブック・オブ・デーモンズ」が2020年5月21日から登場しています。ブック・オブ・デーモンズはディアブロシリーズに影響を受けたゲームですが、「ディアブロIII」のようなステータスパラメーターや多種多様なアイテムはなく、アイテムや技のカードを組み合わせて戦うシンプルかつ短時間で遊べる構成のゲームということで、どんなゲームなのか実際に遊んで確かめてみました。なお、ブック・オブ・デーモンズは12歳以上対象である「CERO:B」のゲームとなっています。

Nintendo Switch|ダウンロード購入|ブック・オブ・デーモンズ
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000022675

ブック・オブ・デーモンズの世界観や雰囲気、カードを使った戦いの様子は以下のムービーを見るとよく分かります。

ハクスラ&デッキ構築のアクションアドベンチャーNintendo Switch「ブック・オブ・デーモンズ」で呪文カードを使って敵をなぎ倒す様子 - YouTube


ゲームをスタートすると、すぐにキャラクター作成画面へ移ります。プレイヤーは剣士のウォリアー、弓兵のローグ、魔法使いのメイジの3種類から役職を選べますが、最初はウォリアーしか選択できません。ウォリアーを選んで「キャラクター作成」を選択。


ブック・オブ・デーモンズはゲームの難易度をカジュアル・ノーマル・ローグライクから選ぶことができます。今回は一番簡単な「カジュアル」で遊んでみました。


物語は悪の軍勢が潜む大聖堂のそばにある村から始まります。近くにいた女性に話しかけてみると……


大聖堂の悪魔が原因で大陸中が被害を受けているとのこと。


というわけで、さっそく村の奥にある大聖堂へ向かってみました。


大聖堂の地下は複数の階層からなるダンジョンとなっており、プレイヤーはこの中を冒険することとなります。各階層の長さがおおよそのダンジョンの広さを表しています。


ダンジョン1階層あたりの広さはプレイ時間で調節できるようになっており、サクッと10分ほどで遊ぶこともできれば、じっくり1時間近くかけて遊ぶことも可能。もちろん、広い階層ほどレアなアイテムをゲットできる可能性も高くなります。


ダンジョン内部はこんな感じ。


ダンジョン内は隅々まで自由に動き回れるわけではなく、あらかじめ決められた道に沿ってしか移動できません。


すでに歩いたルートは足跡が黄色で表示されるので、無駄足を踏む必要のない親切設計。


しかしキャラクターは決められた道を進むことしかできないので、考え無しにダンジョンを進むと複数の敵に袋小路へ追い込まれてしまうことも。


キャラクターが踏み入れられないエリアは、赤枠のカーソルを合わせることでお金やアイテムを回収したり、敵に照準を合わせたりできます。


カーソルを使ったアイテム回収やダンジョン探索がどんな感じかは以下のムービーを見るとよく分かります。

Nintendo Switch版「ブック・オブ・デーモンズ」で大聖堂の地下に広がるダンジョンを探索してみた - YouTube


敵への攻撃はAボタン連打で通常攻撃をくりだすことができるほか、カードを装備して強力な攻撃を繰り出すことも可能。


カードは3種類あり、装備することで効果を発揮するアーティファクトカードは全19枚。


体力やマナ、状態異常などを回復できるアイテムカードは全12枚。


強力な攻撃を繰り出すことができる呪文カードは全9枚。


以下のムービーは呪文カードを使って敵と戦う様子。呪文カードは画面右下に表示されているマナを消費することで発動できます。

ハクスラ&デッキ構築のアクションアドベンチャーNintendo Switch「ブック・オブ・デーモンズ」で呪文カードを使って敵をなぎ倒す様子 - YouTube


カードはダンジョン内で広うことができ、どんなカードがどこで手に入るかはランダム。


敵の攻撃によってはカードがスロットから外れてしまい、無効化されてしまうこともあります。


カードは村でお金を払って特殊なカードと組み合わせることで、最大3回までパワーアップすることができます。


大聖堂の最深部には凶悪なボスが……と思いきや、よく見るとひよこを手に遊んでいるようにも見えます。このボスと一体どんな戦いが繰り広げられるのかは、実際に遊んで確かめてみてください。


ゲームシステムはディアブロとよく似ているものの、多種多様なアイテムが手に入り装備も細かく設定できるディアブロと違って、ダンジョン探索域も制限されており、カードスロットは最大10枚、プレイ時間や難度も調整可能。緻密な戦略に頭を悩ませることなく手軽に遊ぶことができるので、「ハクスラ系のゲームは遊んだことないけど興味はある……」という人にも入門用としておすすめできるゲームとなっています。

「ブック・オブ・デーモンズ」はNintendo Switch、PlayStation 4、Xbox One、Steamでダウンロード購入が可能。価格は税込2900円で、Steam版のみ税込2570円となっています。

Nintendo Switch|ダウンロード購入|ブック・オブ・デーモンズ
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000022675

ブック・オブ・デーモンズ | 公式PlayStation Store 日本
https://store.playstation.com/ja-jp/product/JP0114-CUSA17614_00-BOOKOFDEMONS0JAP

Book of Demons を購入 - Microsoft Store ja-JP
https://www.microsoft.com/ja-jp/p/book-of-demons/9nbd4twvrv37

Steam:Book of Demons
https://store.steampowered.com/app/449960/Book_of_Demons/

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
情け容赦のない弾幕をかいくぐり個性的な銃をブッ放す激ムズシューティングゲーム「エンター・ザ・ガンジョン」プレイレビュー - GIGAZINE

Nintendo Switchのランダムな手札でデッキを構築するハイスピードなアクションバトルゲーム「One Step From Eden」レビュー - GIGAZINE

不思議のダンジョンを冒険して滅亡へのタイムリミットに立ち向かうコマンドバトル「MISTOVER」プレイレビュー - GIGAZINE

Nintendo Switchでカードを集めてデッキを構築しつつランダム生成のダンジョンに挑むローグライクカードゲーム「Slay the Spire」を遊んでみた - GIGAZINE

「死体をポップコーンみたいに爆発させるのがめちゃくちゃ楽しい」と話す「Diablo」開発者インタビュー - GIGAZINE

ゲーム史に輝くアクションMORPGの金字塔「ディアブロ」の企画書が公開中 - GIGAZINE

in レビュー,   動画,   ゲーム, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.