試食

ハーゲンダッツから果汁がじゅわっとあふれ出す3種のベリー&濃厚ミルクの「ベリーベリーミルク」が登場したので食べてみた


ブルーベリー・ストロベリー・ラズベリーで濃厚なミルクアイスクリームをとじ込めた3層構造のハーゲンダッツバー「ベリーベリーミルク」が2020年5月26日(火)から登場しています。「ごろりとした果肉感」という濃厚なブルーベリー果肉&ミックスベリー果汁コーティングと濃厚クリーミーなミルクアイスクリームの組みあわせがどんな味わいなのか、実際に食べて確かめてみました。

ベリーベリーミルク|ハーゲンダッツ Häagen-Dazs
https://www.haagen-dazs.co.jp/berry_berry_milk/

「ベリーベリーミルク」はハーゲンダッツのバーシリーズから登場した新フレーバー。


3層仕立てのベリーベリーミルクは、外側から1層目がストロベリーとラズベリーの果汁を加えたミックスベリー果汁コーティング、2層目がブルーベリー果肉コーティング、3層目がミルクアイスクリームとなっています。


ブルーベリー果汁・果肉は22%、ストロベリーとラズベリーの果汁・果肉はそれぞれ5%入っており、全体に占める割合はブルーベリーが多め。


カロリーは1本あたり127kcalです。


箱から取り出すとこんな感じ。


アイスクリーム部分は交通系ICカードよりも一回り小さいサイズです。


食べてみると、ベリーの2層が厚く、一番多く入っているだけあってブルーベリーの味が最も強く感じられます。ベリーの酸味は濃厚なミルクアイスで角が丸くなり、ベリーのジューシーな甘みが引き立てられている印象。分かりにくいですが赤枠の部分に皮つきのブルーベリー果肉が入っており、かむと果汁がじゅわっとあふれ出します。口の中でブルーベリー果汁の甘みとまろやかなミルクアイスクリームが混ざり合って、絶妙な味わいを楽しめます。


棒に近い部分はブルーベリーのコーティングがないので、最後はミックスベリーのコーティングとミルクアイスだけで割り切って食べるべきか、ブルーベリーのコーティングを残しつつバランスよく食べるべきか悩ましい一品でした。


ハーゲンダッツバー「ベリーベリーミルク」は2020年5月26日(火)から期間限定で全国のスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで購入可能。価格は税抜295円です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
抹茶好き大感涙のハーゲンダッツ「抹茶アンサンブル」試食レビュー、ウエハース・コーティング・アイス・クッキー全てが抹茶 - GIGAZINE

ハーゲンダッツのとろけるキャラメルソースに塩味を加えて後引く味わいな「キャラメルホリック」試食レビュー - GIGAZINE

ジャスミンの華やかな香りと濃厚なミルクの風味が絶妙ハーモニーなハーゲンダッツ「ロイヤル ジャスミンティー~茶葉・銀毫~」試食レビュー - GIGAZINE

甘酸っぱい3種のベリーと濃厚なマスカルポーネチーズが口の中でとろけていく「PARM ベリーのティラミス」試食レビュー - GIGAZINE

日本では消滅したハーゲンダッツストアに行ってかつての限定フレーバーを食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.