試食

森永ラムネの風味をクリーミーなマックシェイクで再現した「マックシェイク 森永ラムネ」試飲レビュー


40年以上も愛されているロングセラー「森永ラムネ」をマックシェイクで再現した「マックシェイク 森永ラムネ」が2020年5月20日(火)より全国のマクドナルドで提供開始されています。同日からMcCafé by Baristaで白桃と黄桃を使った「ももづくし」なドリンクも登場しているので、まとめて飲んでみました。

マックシェイク×森永ラムネ 初のコラボ!~初夏にピッタリ!スッキリ爽やかな飲むひんやりスイーツ~「マックシェイク® 森永ラムネ」はじめました
https://www.mcdonalds.co.jp/company/news/2020/0514a/

白桃と黄桃の果汁を使用した“ももづくし”なドリンクさっぱり「ゴロゴロ もものスムージー」クリーミー「ふわふわ もものクリーミーフラッペ」
https://www.mcdonalds.co.jp/company/news/2020/0513c/

記事作成時点でマクドナルドはテイクアウトのみ可能となっているため、「マックシェイク 森永ラムネ」「ゴロゴロ もものスムージー」「ふわふわ もものクリーミーフラッペ」の3つをテイクアウトで注文しました。


マックシェイク 森永ラムネはSサイズとMサイズから選べ、Sサイズの場合は数量限定でオリジナルカップで提供されます。あの森永ラムネのイラストが描かれたレトロなデザインです。


カップのフタをあけてみると、鮮やかな水色と白のツートーン。


飲んでみたところ、炭酸飲料ではないのでシュワッとしてはいないものの、まったりとしたバニラシェイクの味わいの中に、まごうことなきラムネの風味が感じられます。本物のラムネのようにクエン酸による酸味はありませんが、目をつむって飲んでも「ラムネだ!」と当てられるであろう再現度で、駄菓子のような味わい。見た目も味もさわやかなので、初夏にぴったりです。


続いて、McCafé by Barista店舗限定の「ゴロゴロ もものスムージー」と「ふわふわ もものクリーミーフラッペ」も飲んでみます。


ゴロゴロ もものスムージーとふわふわ もものクリーミーフラッペの違いは、ホイップクリームのトッピングがあるかどうか。


サイズはMとLがあり、今回はMサイズを注文しました。


ゴロゴロ もものスムージーは白桃と黄桃の2種類の桃の果汁を使用したスムージーをベースに、ごろっとした白桃の果肉入りソースをトッピングした品。一口飲むと、人工的な風味ではない、ももの果汁と香りがジュワッと口の中に広がります。果汁と一緒にミキサーにかけられている氷はやや粗めなので、かき氷のような雰囲気もありました。


半分凍ったもも果実がごろっとトッピングされており、体をひんやり冷やしてくれるので、これからの季節によさそう。なお、ゴロゴロ もものスムージーはプラス60円で果肉入りソースを2倍にカスタマイズ可能です。


ふわふわ もものクリーミーフラッペは、スムージーやソースの「ジューシー」と形容したくなる果汁感に、まろやかなホイップクリームが加わります。ゴロゴロ もものスムージーでも十分満足できますが、クリームによって途中で味をミルキーにできるので、一度に2つの味を楽しめるのがうれしいところ。


なお、マックシェイク 森永ラムネはSサイズ税込120円、Mサイズ税込200円で、2020年5月20日から6月中旬までの提供予定です。ゴロゴロ もものスムージーはMサイズが税込440円、Lサイズが税込480円。ふわふわ もものクリーミーフラッペはMサイズが税込490円、Lサイズが税込530円で、いずれも5月20日から7月下旬まで期間にMcCafé by Barista併設マクドナルドで提供予定となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
日本の「ラムネ」を海外の人が飲むとどんな反応を見せるのか? - GIGAZINE

バターをおやつとして食べているかのような濃厚さの「コクバタアイス ラムレーズン」試食レビュー - GIGAZINE

辛子明太子+ミルクという衝撃のふくや「アルプスアイスキャンデー明太子ミルク味」を食べてみた - GIGAZINE

徹底的にミントリキュールとチョコにこだわり自作のチョコミントを作ってみた - GIGAZINE

30分以上もアイスクリームの食べごろを保てるアイス専用カップ&スプーン「Happy Ice Cream!」 - GIGAZINE

ハーゲンダッツも認めたカチカチのアイスを溶かして食べやすくする「15.0%」のスプーンを使ってみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.