メモ

新型コロナウイルス感染症の流行で人々の「夢」が変化している


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行によって人の生活は根本からの変化を余儀なくされましたが、この変化を受けて、不眠の症状を訴える人が増加するとともに、人々の見る「夢」の内容も変わってきているとのこと。どのように人の夢が変化しているのか、世界中の研究者が報告しています。

'Last night I was James Bond': the vivid world of lockdown dreams | Society | The Guardian
https://www.theguardian.com/society/2020/apr/19/last-night-i-was-james-bond-the-vivid-world-of-lockdown-dreams

The pandemic is giving people vivid, unusual dreams. Here’s why.
https://www.nationalgeographic.com/science/2020/04/coronavirus-pandemic-is-giving-people-vivid-unusual-dreams-here-is-why/

Insomnia and Vivid Dreams on the Rise With COVID-19 Anxiety | Smart News | Smithsonian Magazine
https://www.smithsonianmag.com/smart-news/insomnia-and-vivid-dreams-rise-pandemic-anxiety-180974726/


イギリス・ロンドンで行われている精神分析プロジェクト「Lockdown Dreams」では、人々の夢の内容を収集し、COVID-19によって引き起こされた危機を人々が無意識下でどのように経験しているかを分析しています。

プロジェクトを行うジェイク・ロバーツ氏によると、これまでのところ、報告されている夢の傾向として「通常よりも詳細かつ鮮やかな内容」が挙げられるとのこと。これはロックダウンによって余儀なくされている生活の単調さとは対照的で、「私たちは明らかに、ロックダウンによる日常で受け取る小さな刺激から何かを生み出そうとしており、『私たちが忘れたもの』を育てようとしています」とロバーツ氏は述べています。


加えて、回答者は夢をより頻繁に思い出すようになったとも報告しています。これは、通勤や通学がないため朝に急ぐ理由が少なくなり、自分が考えたり感じたりしたことを反すうするようになっていることが理由だとみられています。通常以上に夢を反すうすることで、匂い・感情・場所といった夢の側面を思い出し、情景を説明できるようになっているとのこと。ロバーツ氏はこの現象について、「人は夢の中で生きているのです」「目覚めている世界と同じように、夢の世界を体験しています」と述べました。

同様の研究を行っている人はフランスにもいます。リヨン神経科学研究センターの研究グループもまた、人々が夢を思い出す「夢想起率」が35%増加し、通常よりもネガティブな内容の夢を見る人が15%増加したことを報告しています。


また、エリン・グラヴリー氏が「i dream of covid」というウェブサイトを開設し、人々の夢を収集してみたところ、サイト運営初期には「ハグを危険や脅威と結び付ける夢」を見ている人が多くみられたとのこと。また直近では「レストランに行くこと」と不安を関連付けた内容の夢が増加しているそうです。

i dream of covid
https://www.idreamofcovid.com/


科学的には、夢は眼球だけが急速に運動しているレム睡眠時によく見られるといわれています。ボストン大学医学部の神経科医であるパトリック・マクナマラ氏は、「私たちは通常、レム睡眠と夢を強い感情、特にネガティブな感情のコントロールに利用しています。このパンデミックが多くのストレスや不安を生んでいるのは明らかです」と語っており、日常的な不安の増加や運動不足が、睡眠に影響を与えているとしています。

加えて、ミシシッピ州立大学の心理学者であるコートニー・ボルスタッド氏は「心理学でいう、不安に直面した人の状態『戦うか逃げるか反応』が発生し、睡眠が必要な休息や消化を妨げているのかもしれません。この精神的な興奮によって、夜中に起き、再び眠るのが難しくなることが考えられます」と推測しています。


一方で、ロバーツ氏は、「人はどんな状況にも慣れるという驚くべき能力を持っています」として、「この信じられないほど鮮明な夢は、人々が状況に慣れていくと、見られないようになるかもしれません」と見解を述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
新型コロナウイルスに関する不安やパニックから身を守る方法とは? - GIGAZINE

呼吸困難・熱なし・胸の痛みというCOVID-19症状を持つ人が「何を経験し、恐怖をどのように遠ざけたのか」をつづる - GIGAZINE

新型コロナウイルスの重症患者はビタミンD不足であることを示す研究結果が発表される - GIGAZINE

「新型コロナウイルスの第2波は第1波よりも深刻なものになる」とアメリカ疾病予防管理センターが警告 - GIGAZINE

なぜ新型コロナウイルス感染症は一部の人だけで重症化するのか? - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.