ハードウェア

Huaweiが30万円のカメラで撮った写真を「Huaweiスマホで撮った」と宣伝したことがバレて謝罪


Huawei主催の写真コンテストをプロモーションするために作成されたムービーは、当初「Huaweiのスマートフォンで撮影した」とされていたのですが、実際は本体だけで30万円前後もするデジタル一眼レフカメラで撮影された写真が混ざっていたことが判明。ユーザーから批判が噴出し、Huaweiが謝罪する事態にまで発展しています。

Huawei apologizes for using DSLR shots to promote a smartphone photo contest - The blunder was discovered by the winner of an iPhone photography contest | Abacus
https://www.abacusnews.com/tech/huawei-apologizes-using-dslr-shots-promote-smartphone-photo-contest/article/3080663

Huawei apologizes for using DSLR shots to promote a smartphone photo contest | South China Morning Post
https://www.scmp.com/tech/big-tech/article/3080698/huawei-apologizes-using-dslr-shots-promote-smartphone-photo-contest

Huaweiは中国のSNSであるWeiboで、「2020年4月8日~7月31日までの間に、Huaweiのアプリでコミュニティに参加して、写真を投稿したり、写真の達人たちと交流したり、光と影の魅力を感じたりして、次の画像マスターになってみませんか?」との文章とともに、コンテストのプロモーションムービーを投稿しました。


Huaweiが公開した30秒ほどの映像には、景色や人物を捉えた美麗な写真が次々と写し出されましたが、その中にデジタル一眼レフカメラで撮影した写真が紛れ込んでいたとのこと。問題の瞬間が以下。左右に2分割された画面の左側には、鮮やかな夕焼けに照らされた雲が映っています。プロモーションムービーには当初、「Huaweiのスマートフォンで撮影」と書かれていました。


しかし、この映像を目にしたWeiboユーザーであるJamie-hua氏は、「今朝、Huaweiの写真コンテストのムービーを見つけたのでクリックしてみたら、なんだか見たことがある写真がありました」と投稿。問題の写真が写真共有SNS・500pxに投稿されたものだということを指摘しました。

by Su Tie

さらに、写真のExif情報から、この写真がHuaweiのスマートフォンではなく、ニコン製のデジタル一眼レフカメラであるD850で撮影されたことも判明しました。このカメラは、記事作成時点におけるAmazon.co.jpでの販売価格が29万8600円もするカメラです。


また、どんなカメラで撮ったかは不明ですが、問題の画像の右半分の写真も、同じ撮影者が500pxに投稿した写真です。

by Su Tie

Jamie-hua氏はさらに、「他の写真も、非常に見覚えがあります」と述べて、多数の「Huaweiスマートフォンで撮られたものではない写真」がムービーに使用されていると指摘しました。Jamie-hua氏が写真に詳しいのは、同氏が筋金入りのカメラマンだからです。Jamie-hua氏は2018年に、Apple主催の写真コンテストであるiPhone Photgraphy Awardsに「Huapeng Zhao」の名で写真を応募し、第2位に入賞したこともあります。

この事態が明るみに出た後、Huaweiはプロモーションムービーを差し替えて「Huaweiのスマートフォンで撮影」との文言を削除。Weiboで「編集者の見落としにより、誤ってムービーの末尾にHuaweiのスマートフォンで撮影されたものであると記載してしまいました。熱心なインターネットユーザーであるJamie-hua氏に訂正していただいたことを心より感謝するとともに、今回の事態について深くおわびいたします」と投稿しました。


ムービーにスマートフォンで撮影したものではない写真が入っていることについて、あくまで「編集者の見落とし」と主張するHuaweiですが、過去にも同様の不祥事を起こしています。2019年には、Weiboで公開されたHuaweiのスマートフォンP30によるサンプル写真が、実はデジタル一眼レフカメラで撮影したものであることが判明

2018年には、HuaweiがスマートフォンのCMで使った自撮り写真が、実は「自撮りに見えるように手を伸ばした男性を一眼レフカメラで撮影した写真」であることが露呈し、厳しい追及を受けました。

Huaweiが最新スマホのCMで使った写真は一眼レフカメラで撮影されたものだと発覚 - GIGAZINE


また、2016年にもGoogleのSNS・Google+で公開されたHuawei P9の写真サンプルが「キヤノンのEOS 5D Mark IIIで撮影されたものである」ことが、Exif情報から明らかになっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Huaweiが最新スマホのCMで使った写真は一眼レフカメラで撮影されたものだと発覚 - GIGAZINE

ハイクオリティな報道写真の撮影にはニコンのカメラが多く使用される? - GIGAZINE

Huaweiスマートフォンの売上が20%減か、新型コロナウイルスと脱Googleの影響で - GIGAZINE

Huaweiを動かしているのは一体誰なのか? - GIGAZINE

中国が「Huaweiと5G契約しないと貿易協定を締結しない」と外国の首脳を脅迫していたと判明 - GIGAZINE

中国大使が「ドイツがHuaweiを締め出せばドイツの自動車産業に影響が出る」と示唆、専門家は「オープンな脅迫だ」と主張 - GIGAZINE

Huaweiの技術者がアフリカの2カ国で政府によるスパイ活動に加担していたとの報道 - GIGAZINE

中国が「Huaweiと5G契約しないと貿易協定を締結しない」と外国の首脳を脅迫していたと判明 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.