メモ

バーチャルセックスで新型コロナウイルスの感染を防ぐことをアルゼンチン政府が推奨


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行を受けて、世界各国で外出禁止や集会禁止が命じられています。アルゼンチンでも2020年4月26日までの外出禁止令が出されており、このような状況の中で「性行為はどのように行えばいいか」を、専門家が説明しています。

Safe sex under lockdown: Argentine official has some advice for digital lovers - Reuters
https://www.reuters.com/article/us-health-coronavirus-argentina-sex/safe-sex-under-lockdown-argentine-official-has-some-advice-for-digital-lovers-idUSKBN21Z39L

Coronavirus in Argentina: the Government recommended virtual sex amid compulsory isolation | En24 News
https://en24.news/en/2020/04/coronavirus-in-argentina-the-government-recommended-virtual-sex-amid-compulsory-isolation.html

アルゼンチンの保健省は毎日、新型コロナウイルスに関する情報をテレビで配信していますが、4月17日(金)の放送では感染症の医師であるホゼ・バルレッタ氏が出演し、性行為による感染拡大を防ぐことを推奨しました。


番組では「パンデミックが起こる中、私たちは毎日、その時に合わせた情報を配信しています。私たちは多くの質問を受けていますが、相談しにくこともあります。そこで、今回のレポートではCOVID-19が流行する中でのセーフセックスについて語りたいと思います」という導入に続き、バルレッタ氏がパンデミック中における性行為について説明しました。

新型コロナウイルスの感染は発話やせき、くしゃみの際に出た飛まつを原因としていることがわかっています。精液やそのほかの体液を通した感染の有無は明らかではありませんが、飛まつが感染源である以上、「キスで簡単に感染が起こることは明らかです」とバルレッタ氏。外出禁止令が下されているアルゼンチンの状況をかんがみると、一緒に暮らしている人以外の人との性行為を避けるべきであり、この性行為にはアナルセックスオーラルセックスが含まれるとのこと。


通常の性行為の代わりに、ビデオ通話を介したセックスやバーチャルセックス、性的なメッセージをやりとりする「セクスティング」といった方法が推奨されており、行為が終わった後にキーボードやスクリーン、大人のオモチャなどを、たとえ他人と共有していなくとも消毒すべきだともバルレッタ氏は述べました。

また、バルレッタ氏は、COVID-19の症状が現れているパートナーとの性行為も避けるように呼びかけました。なお、WHOはCOVID-19の症状を「一般的には発熱・けん怠・たんの絡まないからせき、一部の患者は体のさまざまな痛み・鼻づまり・鼻水・喉の痛み・下痢」としています。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する Q&A 2020年4月8日更新
(PDFファイル)https://extranet.who.int/kobe_centre/sites/default/files/COVID-19-JA-Q%26A-web.pdf

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「睾丸」が原因で男性の新型コロナウイルス感染症が重病化しやすいという仮説 - GIGAZINE

ヌード写真の送信や性的なメッセージのやりとりがパンデミックの影響で人気に - GIGAZINE

パンデミックでデートが新しい段階に進化、社会的距離を保ったデートの方法が話題に - GIGAZINE

新型コロナウイルスがポルノの新ジャンルになりつつある - GIGAZINE

新型コロナウイルスの影響で「出会い系アプリ」の使い方が変わりつつあるとの指摘 - GIGAZINE

「新型コロナウイルスによる都市封鎖を解除後に離婚する夫婦が急増した」という報告 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.