サイエンス

2022年まで社会的距離を置く必要があるという研究結果


「外出を避ける」「人と人との距離を保つ」といった社会距離戦略がパンデミック対策として効果をあげていますが、ハーバード大学の研究者が少なくとも2022年までは持続的または断続的に社会的距離戦略を続ける必要がある可能性を示しました。パンデミックが一見収束したようにみえても2024年までは新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が復活することが考えられ、引き続き監視していくことになるとのことです。

Projecting the transmission dynamics of SARS-CoV-2 through the postpandemic period | Science
https://science.sciencemag.org/content/early/2020/04/14/science.abb5793

Warm weather may have no impact on COVID-19 – Harvard Gazette
https://news.harvard.edu/gazette/story/2020/04/covid-19-may-not-go-away-in-warmer-weather-as-do-colds/


ハーバード大学公衆衛生学部のスティーブン・キスラー博士研究員と博士課程学生であるクリスティン・テディジャント氏が率いる研究チームは、SARS-CoV-2と遺伝子的に近いHCoV-HKU1とHCoV-OC43という2つのウイルスを使い、SARS-CoV-2が今後数カ月でどのように広がるかをモデル化しました。なお、2020年4月時点でワクチンや特効薬がすぐに完成する見込みは小さいため、これら2つの要素は考慮されませんでした。

この結果、複数のシナリオのいすれにおいても「気温の上昇」は感染を止める要素とならなかったとのこと。一般的な風邪の場合は国民のほとんどがウイルスに感染し春までに免疫を獲得しますが、SARS-CoV-2の場合は春までに免疫を獲得しない人が多く、たとえ気温が上昇して感染速度が減少しても、ウイルスが広がるのに十分な余地が残されているためです。いくつかのシナリオにおいては感染拡大が減少する傾向がみられたものの、「介入がなければ、季節的な変動だけでは十分ではありません」と研究者は述べています。

SARS-CoV-2についてはわかっていないことが多く、感染者が獲得する免疫の持続期間もその1つです。終生免疫が得られるのであれば感染者はパンデミック後、5年以上にわたってウイルスに感染することがありませんが、免疫が1年と持たないのであれば、アメリカでは2020年4月時点で起こっているパンデミック収束後も年内に再びパンデミックが起こると考えられています。


研究者は「社会的距離戦略」といったことがどのように影響するのかも調査しました。調査の結果、「病気の再発を監視する効果的なテスト」と「社会的距離を置く」ことを組み合わせると、最も効果的に感染者数を抑えながら医療システムへの圧迫を防ぐことができたそうです。このシナリオによって、人々がウイルスに対する免疫を徐々に獲得することが可能だとも研究者は述べています。

多くの国で交通機関の停止やお店の休業が行われており、社会的距離戦略は経済へのダメージとのトレードオフだともいわれています。しかし、保健学者のアシシュ・ジャー氏はビジネス上の利益と公衆衛生上の利益が対立するという考えは誤りだと指摘。経済を救うために早期に社会的距離戦略を解除してしまうと、多くの人が病気になり、おびえた人々が家にこもることで、経済的なブーストは実現しません。


社会的距離戦略を緩和するには、過去2週間にわたって新症例数が減少傾向にあり、1日あたり50万件の検査を国家的に行い、医療システムを強化し、次の流行に備えて疲弊した医師や看護師を休息させる必要があるとキスラー氏は述べています。パンデミックの第一波を終えた後、再びパンデミックが冬に起こる可能性が高いためです。

そして医療の圧迫を起こさないためには、断続的または持続的な社会的距離戦略が2022年まで必要とのこと。治療薬の開発や救急医療のキャパシティの増加よっては、より早期に社会的距離戦略を解除することが可能とみられていますが、たとえSARS-CoV-2が消失したように見えても2024年までは復活の可能性があるため、監視は必要だと考えられてます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
パンデミックに強い対策をするほど経済はより強く回復できると研究から明らかに、疫病対策と経済はトレードオフではない - GIGAZINE

新型コロナウイルス対策に有効な「社会的距離をとるための具体的な方法」を専門家がわかりやすく解説するムービー - GIGAZINE

ウイルスの感染拡大を防ぐには「1人の友人と会うことも控える必要がある」とわかりやすく示す図が公開 - GIGAZINE

新型コロナウイルス対策の「社会距離拡大戦略」が他の感染症も抑えていることが確認される - GIGAZINE

パンデミックでデートが新しい段階に進化、社会的距離を保ったデートの方法が話題に - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.