生き物

猫が不安を抱いていることを示す7つのサインとは?


人は生活の中で不安を抱えることがありますが、猫もまた、飼い主と離れている時に不安を感じてる可能性があるとして、調査が行われました。猫が不安を抱くことにはいくつかの要素が関連しており、不安の兆候にも複数のパターンがあるようです。

Why is your cat acting out? Study reveals 7 signs of anxiety
https://www.inverse.com/science/why-is-my-cat-acting-out


ブラジルにあるジュイス・デ・フォーラ連邦大学の動物学者であるDaiana De Souza Machado氏ら研究チームは大学のある街、ジュイス・デ・フォーラで暮らす飼い猫223匹を対象に調査を実施しました。調査では猫の飼い主に「猫が暮らす環境や生活」「飼い主自身について」「猫の行動について」などを質問しています。質問の中には「人間がいない時の猫の行動」について尋ねるものもあったとのこと。

この結果、調査対象となった猫のうち13%以上が、飼い主不在の時に不安を示す行動を取っていたことがわかりました。猫に見られた不安のサインは以下の7つ。不安を示すサインのうち最も多かったのは「破壊行動」で、1匹で取り残されて不安行動を示した猫30匹のうち、20匹は破壊行動を示したそうです。

1:破壊行動(30匹)
2:過剰に鳴き声を上げる(19匹)
3:不適切な場所におしっこする(18匹)
4:憂うつあるいは無関心(16匹)
5:攻撃的な行動(11匹)
6:興奮(11匹)
7:不適切な場所にふんをする(7匹)

また、不安行動を起こす猫には傾向がみられ、「成人女性がいない家」「複数の女性が暮らす家」「18~35歳の飼い主」「他に猫がいない家」「猫用のおもちゃがない家」の猫は不安行動がみられやすかったとのこと。


そして、猫の不安を和らげるためには「新しいオモチャを買う」「別の猫を一緒に買う」ことが効果的だと示されました。

なお、2020年3月に発表された研究では、犬は「音」に反応して不安行動を起こしやすく、特に花火は大きなトリガーになることが示されています。また犬の場合は他の犬や知らない人、新しい環境といったものにも恐怖を感じ不安を抱くそうです。猫と同様に飼い主と離れることに対しても不安を抱く犬はいますが、理由がわからないものの、なぜか雌犬の方が強く影響を受けることも判明しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
猫は犬同様に人間に強い愛着を抱いていることが判明 - GIGAZINE

「ネコ好きは無神論者」「神に求めるものをネコで代用している」という研究結果 - GIGAZINE

「ネコには表情があるが人間はネコの表情を読むのが苦手」だとテストで判明、実際にテストを受けることも可能 - GIGAZINE

どのようにネコをなでると嫌がられないのか? - GIGAZINE

ネコがあなたを殺そうとしているサイン - GIGAZINE

in サイエンス,   生き物, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.