サイエンス

なぜ感染症対策に「疫学」が重要なのか?


新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)との戦いの中でさまざまな科学研究が行われていますが、疫学研究もその1つ。疫学とは一体何で、感染症の対策にとってなぜ重要なのかを、科学ジャーナリストのTim Childers氏が説明しています。

What is epidemiology? | Live Science
https://www.livescience.com/epidemiology.html

疫学は英語で「Epidemiology(エピデミオロジー)」と呼ばれ、ギリシャ語の「epi」(~の上に/降りかかる)と、「demos」(人々)を組み合わせた言葉で、「人々に降りかかる物事」の学問を意味します。古代ギリシャの医師であるヒポクラテスは「疫学の祖」と呼ばれており、多くの治療が迷信に基づいていた紀元前4~5世紀にあって、健康上の問題が環境に起因するという合理的思考を行いました。ヒポクラテスは外科手術や食事療法、ハーブ療法などを提案したほか、「風土病」「伝染病」など、今日でも疫学者が使う言葉を作り出した人物でもあります。

臨床医が患者個人の健康に向き合うのに対して、疫学者は「集団」に対する医師だと考えられています。臨床医は患者に診断を下し、科学的知識と経験をもとに治療を行いますが、疫学者は「集団コミュニティの健康」や時には「世界中の人々」と向き合い、病原や健康への影響を理解しようとします。また、人々が病気にどのようにさらされ、どのように病気が広がっているのかを推測するのも疫学者の役目。疫学者は統計学や数学、生物学のモデルを使い、科学的知識を用いて公衆衛生の方針を立て、健康への問題を解決するのかを決めていきます。


「さまざまな意味合いにおいて、疫学は道具です。この道具を使って私たちは人々の間で病気がどう広がっているのかや、何が罹患(りかん)率の決め手になっているのか、そして効果的な予防は何かを理解していきます」「私たちが基本的に行っているのは、病気の原因や、予防できる場所を理解し、予防方法をテストすることです」とピッツバーグ公衆衛生大学院のLewis Kuller氏は述べています。疫学者はもちろん感染症やパンデミックに関わりますが、喫煙による肺がんの有病率や地域社会における殺人率まで、感染症以外の問題についても調査します。

「道具」である疫学には「疫学の3要因」と呼ばれるものが存在します。疫学の3要因は病因・環境要因・宿主要因の3つのことであり、疫学者の目標は、この3要因が密接につながり病気の感染が広がることを食い止めるための情報を明らかにすることです。


「昔は、臨床医が人々を病気にする病原体を見つければ問題が解決すると考えられていました。しかし、現代では病原体の発見だけでは十分ではありません。疫学は統合的な手法であり、私たちは病気を引き起こす原因となる『宿主と環境の相互作用』を理解する必要があります。高度な研究デザインと分析テクニックにより、疫学者は宿主としての人間と病原体の両方の情報を扱えるようになります」とアメリカ国立アレルギー・感染症研究所の疫学者であるRebecca Prevots氏は語りました。

新型コロナウイルス感染症の流行を受けて、インペリアル・カレッジ・ロンドンの疫学者であるNeil Ferguson氏ら研究チームは、さまざまな介入が行われた場合と行われなかった場合の潜在的影響について数学モデルを2020年3月に発表しました。「最新の予測によると、死者数を半減させ医療需要のピークを半減させるという政治的戦略は伝染病の影響を3分の2ほど緩和していますが、医療システムの圧迫を防ぐには十分ではありません」とFerguson氏は述べています。Ferguson氏はウイルスの伝染によって多くの死者を生み出さないためには、より大きなスケールでの社会距離拡大戦略を行うといった介入が必要だと考えています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
科学系の記事を読む際に気をつけるべき5つの注意点とは? - GIGAZINE

科学の「再現性」が危機に瀕している - GIGAZINE

「女性科学者が少ない」と言われるなかで女性研究者が支配的な科学研究の分野がある - GIGAZINE

科学的発見の再現性が時間と共に低下していくメカニズムとは? - GIGAZINE

科学研究が「誤ったシステム」によって悪い方向に進んでいるという指摘 - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.