レビュー

Nintendo Switchのランダムな手札でデッキを構築するハイスピードなアクションバトルゲーム「One Step From Eden」レビュー


ランダムな手札で敵とハイスピードなバトルを繰り広げ、素早い戦略の構築が勝負の鍵となる「One Step From Eden」のNintendo Switch版が2020年3月26日に登場しました。ゲームボーイアドバンスで2001年に登場し、マンガ化やアニメ化もされた「バトルネットワーク ロックマンエグゼ」の戦闘システムをオマージュしたゲームとのことで、どんなゲームなのか実際に遊んでみました。

Nintendo Switch|ダウンロード購入|One Step From Eden
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000026454

「One Step From Eden」がどんなバトルシステムなのかは以下のムービーを見るとよく分かります。

Nintendo Switchのロックマンエグゼ風なデッキ構築アクションゲーム「One Step From Eden」のバトルはこんな感じ - YouTube


One Step From Edenのスタート画面はこんな感じ。One Step From Edenには1人で遊べるシングルプレイヤーモード、ローカル通信で共闘できるCO-OPモード、対戦ができるPvPモードがあります。今回は「シングルプレイヤーモード」を選択して1人で遊んでみます。


プレイアブルキャラクターは9体。最初に使えるのは軍事学者、サフロンのみです。


キャラクターを選択するとすぐに戦闘画面へ。戦闘画面はこんな感じ。


青い4×4マスがプレイヤーが移動できる範囲を表す自陣、赤い4×4マスが敵が移動できる範囲を表す敵陣です。


画面の左下に表示されているのが「スペル」と呼ばれる攻撃手段で、AボタンとBボタンにそれぞれ1枚ずつ自動で補充されます。枠外下の「100」「40」という数字は、敵に与えられるダメージ量を、枠内の数字はマナコストを表しています。


マナは攻撃を繰り出すために必要なポイントで、マナコストとは消費するマナの数です。サフロンの初期マナは3で、時間経過で回復します。マナが足りないとマナ不足となり攻撃を繰り出せません。


左端に表示されているのはデッキで、スペルの控えが表示されます。攻撃を繰り出したあと、デッキから自動でスペルが各ボタンに補充されます。


デッキのスペルがなくなると、スペルの順番がシャッフルされた状態でデッキにスペルが自動で補充されます。


ひし形の白い枠は、自分が放つスペルの着弾点です。


赤い!マークの枠は、敵の攻撃が着弾する場所です。


各キャラクターの下には、残りの体力が表示されています。


攻撃して敵の体力を0にすれば勝ち。バトル終了です。


バトルに勝つと報酬として、3枚のスペルから1枚好きなスペルを獲得することができます。


左上にある青枠の数字は、技を繰り出すのに必要なマナ。右下にある赤枠の数字は敵に与えられるダメージ量です。


報酬を選択した後は、敵のいないテストプレイ可能なフィールドに移動するので、新しいスペルを試し打ちすることができます。


また、テストプレイ中はデッキの確認も可能。サフロンの初期スペルは「サンダー」「キネティックウェーブ」「ステップスラッシュ」「フロストボルト」の4種類。


各スペルがどんな技なのか、以下のムービーで「サンダー」「キネティックウェーブ」「ステップスラッシュ」「フロストボルト」の順に確認できます。なお、どれもスピードが速いので、見やすくするためにムービーを0.5倍速に編集しています。

Nintendo Switch「One Step From Eden」のサフロンが使えるデフォルトスペルはこんな感じ - YouTube


テストプレイの後は、次のステージ選択画面が表示されます。


各ステージは、バトル・救難信号・ハザード・ミニボスの戦闘ステージ、体力回復などができるキャンプ、買い物ができるショップといったステージに分かれており、それぞれのステージに異なる特徴が用意されています。


例えば、救難信号のステージを選択すると……


非戦闘員を保護しながらのバトルが始まります。非戦闘員を保護できたか、倒してしまったかで、報酬が変化します。


ショップを選択すると……


戦闘終了後などに得られるクレジットを消費して、アーティファクトと呼ばれるアイテムやスペルを購入できます。


所持しているアーティファクトは画面左上に表示されます。マナを上昇させたり、体力を回復したりと種類はさまざま。


例えば、「セカンドソウル」という天使のようなアイコンのアーティファクトは、自分の体力が0になったとき……


自動で復活することができ、体力を600回復することができます。


また、ステージの最後にはボスが待っています。


通常のバトルもなかなかのスピード感ですが、ボスは体力が高い上、攻撃も矢継ぎ早に繰り出されます。ボス戦の様子は以下のムービーを見るとよく分かります。

Nintendo Switch「One Step From Eden」で音を使って怒濤の攻撃を放つボス、ヴィオレット戦 - YouTube


ボスと戦うため、強くなるには強力なスペルを獲得すればいいのですが、あまり多くスペルを獲得するのは得策ではありません。スペルの順番が常にランダムなので、大量のスペルの効果を全て把握した上で、ハイスピードなバトルの中でスペルの順番を確認し、的確に使用するのは至難の技。


しかも、ショップで「スペル削除」というサービスを購入しないと、獲得したスペルを削除することはできません。いい加減にスペルを獲得して「やっぱりいらないや」と簡単に捨てることはできないというわけ。


バトル終了時にスペルを獲得せずにスキップすることも可能なので、どのスペルが必要かを見極め、無駄にスペルを増やさないのが勝負のカギとなります。


出現する敵とボスの順番はランダムで決まるので、サクサククリアするためには何回も遊んで攻撃パターンを覚えたいところです。初期のスペルでどんどん突き進んだり、色んなスペルをゲットして試したり、どんな状況にも対応できる最強のデッキを模索したりと、いろいろな楽しみ方ができそうです。

「One Step From Eden」はNintendo SwitchおよびSteamでダウンロード購入でき、価格は税込2050円です。

Nintendo Switch|ダウンロード購入|One Step From Eden
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000026454

Steam:One Step From Eden
https://store.steampowered.com/app/960690/One_Step_From_Eden/

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
鉄道会社を経営して開拓時代のアメリカを蒸気機関車で発展させる「レイルウェイ エンパイア」プレイレビュー - GIGAZINE

微生物から銀河まで何にでもなれるシミュレーション「EVERYTHING」で宇宙の果てからミクロの世界まで旅をしてみました - GIGAZINE

死体を解剖し人肉を食べたり臓器を売買したりしながらダーク過ぎるスローライフが送れる問題作「Graveyard Keeper」Nintendo Switch版プレイレビュー - GIGAZINE

Nintendo Switch版「KUNAI」で表情豊かな忍者ロボを駆使して縦横無尽の爽快感溢れる横スクロールアクションをぶちかましてみた - GIGAZINE

マリオメーカーならぬ「ロックマンメーカー(Mega Maker)」をファンが作成 - GIGAZINE

ロックマン・シリーズ6作品が一挙にiOS・Androidで登場 - GIGAZINE

in レビュー,   動画,   ゲーム, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.