メモ

新型コロナウイルスでの死者がたった2人のシンガポールから学ぶべき政策とは?


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行は拡大し続けており、アメリカやEU諸国の感染者は日に日に増加し続けています。一方、2020年3月27日時点でシンガポールは、死者はわずか2人と、中国に比較的近いにもかかわらず他国に比べて流行を押さえ込むことに成功しています。シンガポールが新型コロナウイルスを封じるために打ち出した各種施策について、シンガポール大学付属病院感染予防対策部門の代表を務めるデール・フィッシャー氏が解説しています。

Why Singapore's coronavirus response worked – and what we can all learn
https://theconversation.com/why-singapores-coronavirus-response-worked-and-what-we-can-all-learn-134024

フィッシャー氏は記事冒頭で、「新型コロナウイルスに対してシンガポールは準備ができていた」と明言し、その理由は2002年に流行したSARSにあると説明しました。SARSの流行期、シンガポールでは多数の集団感染が発生。病院内や混雑した卸市場でスーパー・スプレッダーがSARSコロナウイルスを拡散したという経緯がありました。

フィッシャー氏は「そういった歴史からシンガポールは学び、隔離病棟の建設や、院内感染を防ぐ陰圧室の増設、法律の改正を行ってきた」と説明。「SARSの危機から学習していたため、2019年12月31日に中国で新型コロナウイルスが発見された段階からシンガポールは準備を開始できており、2020年1月31日に世界保健機関(WHO)が緊急事態を宣言した段階で、準備を終えることができた」と述べました。


そんなシンガポールが取り組んだ施策のうち、フィッシャー氏は重要なものを解説しました。

◆感染者を病院に隔離する
フィッシャー氏は、新型コロナウイルス感染者を自宅でとどめ置いて感染が広がらないようにすることは困難だと指摘して、シンガポールの施策の中で最も効果を発揮したのが「感染者を自宅に戻さなかったこと」だと主張しました。

シンガポールではCOVID-19が完治して陰性だと判定されるまで、感染者は専用の隔離病棟に収容されます。また、感染者がどのような行動経路を取って、どのように新型コロナウイルスを拡散した可能性があるのかを追跡する「接触追跡班」が結成されているとのこと。接触追跡班は感染者と接触した人の中から初期症状を持つ人を特定し、検査を行います。

感染者と接触したが、初期症状が見られなかったという人には、「自宅隔離」が課せられます。自宅隔離者は、1日数回送信されるSMSのリンクをクリックして自分の現在地を送信することが義務づけられています。不正行為やスマートフォンを家に置いて外出したことが確認された場合、監視員が家を訪問するという措置に切り替わります。これらを拒否した場合は、禁固6カ月または1万シンガポールドル(約77万円)の罰金、ないしその両方を科せられます


◆一貫した定期的なコミュニケーション
フィッシャー氏によると、シンガポールは新型コロナウイルス問題に対して一貫したメッセージを発し続けているとのこと。そのメッセージは、「病気の場合は家に居てください」「COVID-19感染者と接触した場合は検査を受けてください」「外出する必要がある場合はマスクを装着してください」「せきをする場合は手ではなく肘で口を覆ってください」「屋内で混雑を避けてください」というもの。

これらのメッセージの「伝え方」についても戦略が練られており、「首相や新型コロナウイルス対策部門の議長などの少数の権威者だけが告知する」ことに決まっているそうです。政府からの公開される情報も一貫しており、最新の感染者数や他の国での感染拡大状況、そして「国民が今何をすべきか」が毎回公布されています。

また、マンガによる啓発キャンペーンも実施中とのこと。以下はシンガポール国立大学が公開している「我々の義務、我々の職業」という、新型コロナウイルス対策班の活動や班員の実情を解説したマンガ。シンガポール国立大学病院に勤務するShuban Kumar氏が登場するこのマンガには、「結婚式のための写真撮影をキャンセルしなきゃ」「私もオーストラリア旅行をキャンセルしないと」と言葉をかわしたり、出産予定を3カ月後に控えた妻に「ごめん、今日も帰りが遅くなるんだ」と電話をかけたりしながらも、プロとして現場に向かう医療チームの姿が描かれています。


「握手の代わりになるもの」というマンガでは、新型コロナウイルスを広めうる接触感染の原因になる「握手」をやめて、他のジェスチャーを使うことを推奨しています。


新型コロナウイルスを啓発するマンガは100万回以上閲覧されているそうで、WHOが他の言語に翻訳中だそうです。

◆閉鎖をしないという選択
シンガポール国民は通常通りの生活を続けたいと望んでおり、企業、教会、食事施設、学校などは閉鎖すべきではないと考えているとのこと。フィッシャー氏は「成功とは、そういった施設が閉鎖されていないという状況です」と述べています。


2020年1月末には、シンガポールの全ての公立病院で新型コロナウイルス検査が可能になりました。当初は、新型コロナウイルス検査の対象は呼吸器系の症状が出ている人やCOVID-19感染者と接触した人に限られましたが、記事作成時点では医療スタッフなら軽い風邪の症状が出た程度も検査を受けることが可能とのこと。そして、COVID-19感染者と接触しておらず、軽い症状しか出ていない場合は5日間仕事を休める診断書に加えて、非正規雇用者の場合は補助金が出るそうです。

◆権限の体系化
フィッシャー氏は「政治的に異なるシステムを持つより大きな国家では以上の施策を実行するのは困難でしょうが、市民は自分自身の役割を知るべきです」と論じて、「適切な施策が講じられるように、権限が体系化されていることが重要」だと指摘。その一例として、「他国との対話は政府の仕事だが、地方の問題は地方自治体が解決すべき」と述べました。

フィッシャー氏は、「指導者たちがチームとして適切なメッセージを伝えるためには、権限が十分に体系化されていることが重要です。これにより、市民はより安心しルールを守ることができるようになります」とコメントしています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
なぜ新型コロナウイルス対策に「石けん」が最強なのか? - GIGAZINE

新型コロナウイルス対策の「社会距離拡大戦略」が他の感染症も抑えていることが確認される - GIGAZINE

新型コロナウイルスは自覚症状がない感染者によって感染が拡大した可能性が示唆される - GIGAZINE

新型コロナウイルス感染拡大のシミュレーションから分かる予防策とは? - GIGAZINE

学校閉鎖は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐのに役立つのか? - GIGAZINE

in Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.