試食

搾りたてレモンのみずみずしさを再現した無糖の「サントリー天然水 Clearレモン」試飲レビュー


C.C.レモン」や「はちみつレモン」などレモンフレーバーのドリンクの開発を20年以上続けてきたサントリーから、2020年3月24日(火)に「サントリー天然水 Clearレモン」が登場しています。レモンフレーバーのドリンクですが無糖となっており、「これまでに得たレモンに関する知見をいかした」仕上がりとのことなので、実際に飲んでみました。

無糖なのに飲みごたえのある味わい!"搾りたてのようなレモンのおいしさ"「サントリー天然水 Clearレモン」新発売 | ニュースリリース | サントリー食品インターナショナル
https://www.suntory.co.jp/softdrink/news/pr/article/SBF0950.html

これがサントリー天然水 Clearレモン。


栄養成分表示を見てみたところ、エネルギー・脂質・タンパク質がゼロ、炭水化物0.5g(糖質0g)で、食塩相当量が0.05g。原材料名にはナチュラルミネラルウォーター、有機レモン果汁(イタリア製造)、有機ぶどう果汁、はちみつ、食塩、ミントエキス、香料、酸味料が並んでいます。


内容量は540ml、果汁1%とのこと。


さっそくグラスに注いでみます。清涼飲料水の中にはフタを開けたり注いだりした瞬間に香りが広がるものもありますが、サントリー天然水 Clearレモンの場合、特にそのようなこともなし。


色は無色透明です。


グラスに顔を近づけてみると、わずかにはちみつレモンのような甘酸っぱい香りがただよいますが、意識しないと目立たない程度。飲んでみると酸味がきいていますが、「酸っぱい!」と口をすぼめてしまわないギリギリラインの酸味で、飲み口が非常に爽やかなのでゴクゴクいけます。市販されているレモンのお菓子にありがちな「人工レモンフレーバー」が全くなく、後味にははちみつレモンのような甘酸っぱい香りが再び感じられたかと思うと、すっと消えていきます。これまでにありそうでなかったレモンフレーバーで、「レモンは好きだけど人工レモンの香りが苦手」という人にこそ飲んで欲しい仕上がりでした。


なお、価格は税別131円となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
牛乳に対するイメージが徹底的に破壊されること間違いなしな「特別牛乳」を飲んできた - GIGAZINE

水だしコーヒーを抽出速度&濃さを自分好みにして作れる「Wiswell Water Dripper」レビュー - GIGAZINE

ボトルをねじって紅茶と茶葉とを分離させ自分好みの濃さをキープ、保温もできるタンブラー「ツイスティー」レビュー - GIGAZINE

普通の水筒よりも80%軽量・省スペース・カバンに入れたまま飲むことも可能な「プラティパス」をチューチューしてみました - GIGAZINE

A4・A5・レターサイズでカバンにピッタリ収まるブック型水筒「memobottle」を使ってみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.