試食

噛みしめるたびに肉の旨みが噴き出す超粗挽き肉を使った「ビーフハンバーグステーキ定食」を松屋で食べてきた


「超粗挽き」牛肉100%のビーフハンバーグ200gと、ハンバーグの旨味を引き出す味に仕上げたという特製ソースを使用した「ビーフハンバーグステーキ定食」が松屋から登場しました。半熟目玉焼きやとろとろチーズもトッピングできるとのことなので、実際に追加して食べてきました。

"超粗挽き"ビーフハンバーグステーキ定食新発売!|松屋フーズ
https://www.matsuyafoods.co.jp/whatsnew/menu/19635.html

というわけで、さっそく松屋にやってきました。


店頭では目当てのビーフハンバーグステーキ定食が垂れ幕で大きくアピール中。


ビーフハンバーグステーキ定食は、目玉焼き、チーズ、目玉焼き&チーズという3種のトッピングを追加することができます。


今回は最大トッピングである「チーズエッグビーフハンバーグステーキ定食」(税込950円)を注文しました。


また、2020年3月10日午前10時までライス大盛無料サービス中だったので、ライスも大盛りにしました。


5分ほどでチーズエッグビーフハンバーグステーキ定食が運ばれてきました。


これがチーズエッグハンバーグステーキ。目玉焼きがハンバーグを覆い隠すほどのサイズ。


中段はハンバーグステーキ、下段はチーズオンリーに見えますが、ジャガイモ・玉ねぎ・にんじんなどの具材も入っています。


ビーフハンバーグステーキ定食は、ライス・生野菜・味噌汁がセットで付いてきます。


まずは松屋が「気合の逸品」と主張するハンバーグステーキから食べることに。


「超粗挽き」ビーフを使ったハンバーグは、かなりの弾力。


断面からは肉汁があふれ出してきました。


食べてみると、やや塩気の強いデミグラスソースが香辛料を軽く利かせたハンバーグとベストマッチ。噛みしめるたびに肉の旨みが染み出すハンバーグにはスジ・軟骨が入っているため一部が硬いのですが、その硬い部分を噛むたびに「肉を食べている」という満足感がありました。


トッピングの目玉焼きはとろとろの半熟で、こちらもデミグラスソースと相性バッチリ。


チーズはジャガイモなどの具材が入っており、単品として成立しそうな味わいですが、ハンバーグと合わせて食べると言わずもがなな相性を発揮してくれます。


「ビーフハンバーグステーキ定食」は一部店舗を除く全国の松屋で2020年2月25日から食べられます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
チャーハンに酸味の効いたトロトロあんかけを合わせた「温活 酸辣あんかけ炒飯」を大阪王将で食べてきた - GIGAZINE

サクサクジュワジュワのとり天をおろし・ポン酢・からし・レモンで多彩に味わえるやよい軒「とり天定食」 - GIGAZINE

どんぶりから角煮のカツが飛び出るとろとろオムレツのせの「とろとろ玉子の角煮かつ丼」試食レビュー - GIGAZINE

吉野家×ライザップの高タンパク質&低糖質なダイエット飯「ライザップ牛サラダエビアボカド」を食べてみた - GIGAZINE

チーズ盛々&輪切り唐辛子たっぷりのアラビアータソースを牛丼に絡めた「クリームチーズアラビアータ牛丼」を情熱の大辛ソースで辛さマシマシにして食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.