アート

100以上の博物館が「無料のぬりえ」を公開、眺めるだけでも「過去の時代」を感じられる作品多数


100を超える博物館、図書館、大学、植物園がソーシャルメディア上で所蔵するコレクションを「塗り絵」としてアピールするイベント「#ColorOurCollections」の参加作品が公開されています。参加作品は一言では言い表せないほど多種多様で、眺めているだけでも、かつての芸術や広告がどんなものだったかをうかがい知ることができます。

One Hundred Museums Transformed Their Collections Into Free Coloring Pages | Smart News | Smithsonian Magazine
https://www.smithsonianmag.com/smart-news/100-museums-transformed-their-collections-free-coloring-pages-just-you-180974116/

アメリカ保健福祉省の前身となった公衆衛生機関のニューヨーク医学アカデミーは、「世に知られていない作品を周知して、創造性を促進する」という目的のため、2016年に「#ColorOurCollections」を企画しました。このイベントに参加する博物館などは所蔵するコレクションを白黒の「塗り絵」形式に変換して、PDF形式としてダウンロード可能にして公開することが推奨されています。


2020年度の#ColorOurCollectionsは2月3日から2月7日にかけて開催されました。開催期間中に発表された作品は、期間終了後も以下の公式サイトから自由に見ることができます。

#Color Our Collections – The New York Academy of Medicine Library
https://library.nyam.org/colorourcollections/


公式サイトにアクセスすると参加作品がズラッとの一覧で表示されます。今回は奇妙すぎる人面犬のような生き物が気になったので、サセックス大学図書館の作品を見てみることに。


個別ページにアクセスすると埋め込まれたPDFファイルから各作品を見ることができますが、記事中に大きな空白部分が表示されるケースも。そんな場合は空白部分の下のリンクをクリック。


すると、塗り絵をまとめたPDFファイルに直接アクセスできます。


サセックス大学図書館が2020年度にイチオシしていた塗り絵は、人間の頭・顔・手・足を持つブタ。フランスの王室公式外科医で近代外科の発展にも貢献したアンブロワーズ・パレが1678年に描いた作品とのこと。


参加作品は多種多様で、そのジャンルも多岐にわたります。プリツカー軍事博物館&図書館の(PDFファイル)参加作品は、第二次世界大戦中のアメリカ海軍の募兵ポスターを塗り絵に仕立てたもの。硫黄島に星条旗を立てるアメリカ軍の姿が描かれています。


眼力が強すぎるネコの塗り絵はトリニティ・ホール・ケンブリッジ大学が(PDFファイル)公開したもの。この絵はイギリスの聖職者Edward Topsellが描いたもので、Topsellは他にも古代の伝承を現実の生き物に当てはめて、「イタチは耳から出産する」といった動物に関する奇妙な解説や絵も残しています。


West Virginia and Regional History Centerは、1923年のスウィフト・アンド・カンパニー(現:JBS)のバターの広告などの塗り絵を(PDFファイル)展示。七三分けの少年が食パンにかじりついて、「これぞ本物のバター」だとアピールしています。


EUの文化遺産のためのデジタルプラットフォームEuropeanaは、「ヨーロッパの工業」と題して、フランスの蒸気機関車をズラッと並べた比較図や、当時の労働者がどのように仕事していたかがわかるイラストなどを(PDFファイル)公開していました。


関西大学もデジタルアーカイブ塗り絵「大阪画壇」を公式サイト上で(PDFファイル)公開中。以下は江戸時代後期の画家、鎌田巌松の「三疋子犬図」の塗り絵。


同じく江戸後期の画家、木村蒹葭堂の「花蝶之図」も塗り絵に。


関西大学アジア・オープン・リサーチセンターは、花蝶之図塗り絵を実際に塗ってみた結果をTwitter上で披露しています。


以上のように多種多様な作品が公開されているため、興味のあるものや目的の絵を見つけるには膨大な時間が必要。そこで、公式ページ右上のルーペアイコンをクリックすると……


検索欄が表示されるので、試しに「Japan」と入力してみます。


すると、ブリティッシュコロンビア大学の「徳川時代の日本地図」という展示が見つかりました。


(PDFファイル)内容を見てみると、東海道細見圖という東海道周辺を描いた地図の一部などが掲載されていました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
無料で10万点以上のパリの美術作品がダウンロード可能に、商用利用・修正・再頒布もOK - GIGAZINE

無料&自由に利用可能なCC0で37万点超のアート作品をメトロポリタン美術館が公開 - GIGAZINE

ゴッホの絵画約1000点がオンラインで公開中、無料ダウンロードも可能 - GIGAZINE

100枚以上の美しいニューヨークの夜景写真 - GIGAZINE

人々を熱狂させ逮捕者まで出した罪深い「ポスター」の歴史 - GIGAZINE

in アート, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.