ネットサービス

Facebookが1兆円もの税金を払っていないと国税庁に訴えられる


アメリカの連邦税に関する執行・徴収を司るアメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)が、90億ドル(約1兆円)の税金が未払いだとしてFacebookを訴えました。IRSは、Facebookが2010年から2016年にかけて租税回避を続けてきたと主張しています。

Facebook faces tax court trial over Ireland offshore deal - Reuters
https://www.reuters.com/article/us-facebook-tax/facebook-faces-tax-court-trial-over-ireland-offshore-deal-idUSKBN20C2CQ

Facebook sued by the IRS for $9 billion in unpaid taxes - The Verge
https://www.theverge.com/2020/2/19/21144291/facebook-irs-lawsuit-9-billion-taxes

Facebookが行ってきた租税回避策とは、法人税の低いアイルランドに設置した支局でグローバルな広告収益を計上するというもの。2018年までのアメリカの法人税は35%でしたが、アイルランドの法人税は12.5%と税率にかなりの差があったため、このような租税回避策が有効でした。

Facebookのアイルランド支局はアメリカ本部に対して、「特許技術や商標などに対してロイヤリティーを支払う」という契約を結んでいました。IRSが訴訟を起こしたのは、アメリカ本部はロイヤリティー料を不当に安く見積もって販売したという問題です。アメリカ本部が得るロイヤリティー料は課税対象となるため、アメリカの高額な法人税がかかります。そのため、アメリカ本社は可能な限りロイヤリティー料を抑えてアメリカの法人税を避けたというのがIRSの訴えです。


IRSはFacebookが支払っていない税金は90億ドルにも上ると主張しています。Facebookはこの訴訟が3週間から4週間で決着すると見積もっています。また、裁判には、技術部門主任であるMike Schroepfer氏やハードウェア部門主任のAndrew Bosworth氏など、複数のFacebook幹部が証言のため出廷する予定です。

テクノロジー系メディアのThe Vergeに対して、FacebookのBerti Thomson氏は同社が2010年の取引は妥当と見なしていると回答。Thomson氏は、2010年時点ではモバイルに関する広告収入はゼロで、デジタル広告事業がどうなるかは未知数だったと主張しました。


近年、同様の租税回避に対する訴えが相次いで行われています。2016年にはAppleがアイルランドで税制優遇を受けていた件に対し、EUは130億ユーロ(約1兆6000億円)の追徴課税を納めるように命じました。

Appleがアイルランドで税制優遇を受け1兆6000億円の追徴課税を命じられた経緯とは? - GIGAZINE

by Jinx!

Appleと同様に、Googleも199億ユーロ(約2兆4600億円)の資金を租税回避地として知られる英領バミューダに移していたことが2019年に明らかになっています。

米グーグル、17年に2兆円以上を租税回避地バミューダへ移転 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
https://www.afpbb.com/articles/-/3205140


この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
フランスのマクロン大統領がアメリカのIT企業に課した税金の払い戻しを決定 - GIGAZINE

企業の租税回避によってEUでは20%の法人税収入が失われている - GIGAZINE

巨大企業・富裕層がいかにタックスヘイブンなどで巨額の金を隠し持っているか暴露する「パナマ文書」が公表される - GIGAZINE

「パナマ文書」を調査することで富裕層がいかに資産隠し&身元隠蔽をしていたかという手法が発覚 - GIGAZINE

企業が「税金逃れ」で使うタックスヘイブン、世界で最も人気な土地はアメリカ合衆国 - GIGAZINE

Appleがアイルランドで税制優遇を受け1兆6000億円の追徴課税を命じられた経緯とは? - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.