ゲーム

Googleのクラウドゲームサービス「Stadia」が数千万台のスマホに対応、追加予定の5タイトルも発表される


2019年11月にサービスを開始したGoogleのクラウドゲームサービス「Stadia」について、2020年2月20日からSamsungやASUS、Razerのスマートフォンにも新たに対応すると発表されました。

This Week on Stadia: Play games on tens of million... - Stadia Community
https://community.stadia.com/t5/Stadia-Community-Blog/This-Week-on-Stadia-Play-games-on-tens-of-millions-of-new-phones/ba-p/15326

New games coming to Stadia! - Stadia Community
https://community.stadia.com/t5/Stadia-Community-Blog/New-games-coming-to-Stadia/ba-p/15052

Stadiaはゲーム関連の処理をクラウド上で行うことで、いわゆる「ゲーム機本体」を必要とせずに、高い処理能力を持たないPCやスマートフォン、さらにはTVでも最新のゲームがプレイできるようになるという「クラウドゲームサービス」です。


Stadiaが実際どんなものなのかは以下の記事で解説しています。

ついにローンチした「Google Stadia」のレビューが登場、未来は感じさせるがまだ荒削りとの評価 - GIGAZINE



これまではStadiaをプレイできるスマートフォンはGoogle製スマートフォンのPixel 2、Pixel 3、Pixel 3a、Pixel 4に限られていましたが、2020年2月20日以降は以下のスマートフォンでもStadiaをプレイ可能になります。なお、Googleは「新たに数千万台のスマートフォンでゲームがプレイ可能になる」としています。

Samsung Galaxy S8
Samsung Galaxy S8 +
Samsung Galaxy S8アクティブ
Samsung Galaxy Note8
Samsung Galaxy S9
Samsung Galaxy S9 +
Samsung Galaxy Note9
Samsung Galaxy S10
Samsung Galaxy S10E
Samsung Galaxy S10 +
Samsung Galaxy Note10
Samsung Galaxy Note10 +
Samsung Galaxy S20
Samsung Galaxy S20 +
Samsung Galaxy S20 Ultra
Razer Phone
Razer Phone 2
ASUS ROG Phone
ASUS ROG Phone II

また、2020年2月13日には、Stadiaに「Lost Words:Beyond the Page」「Serious Sam Collection」「Stacks On Stacks(On Stacks)」「Spitlings」「パンツァードラグーン:リメイク」の5作品が登場すると発表されました。


「Lost Words:Beyond the Page」は「ライズ オブ ザ トゥームレイダー」や「BioShock Infinite」などを手がけたRhianna Pratchett氏がシナリオを担当するストーリー重視のパズルアドベンチャーゲームです。主人公の少女イジーは「言葉」を操って、さまざまな世界を旅します。

Lost Words: Beyond the Page - Official Trailer | First on Stadia - YouTube


「Serious Sam Collection」は容赦なく襲いかかるエイリアンの大群を撃ちまくる爽快感が魅力のFPS「Serious Sam」シリーズのSerious Sam HD:The First Encounter、Serious Sam HD:The Second Encounter、Serious Sam 3:BFEの3作品を全て遊べるセットパック。最大16人同時プレイが可能なオンラインモード、最大4人同時プレイが可能なオフラインモードも備わっており、みんなでショットガンやレーザーライフル、ロケットランチャーなどを使ってエイリアンを倒しまくることができます。

Serious Sam Collection - Official Trailer | Stadia - YouTube


カラフル&イマジネーションあふれる世界で3Dオブジェクトを積み上げるゲームが「Stacks On Stacks(On Stacks)」です。積み上げることができるのはブロックだけでなく、水槽や磁石、絵画などさまざまで、バランス感覚が要求される上に、時には幽霊やドラゴンから積み上げたオブジェクトを守る必要があります。

Stacks On Stacks (On Stacks) - Official Trailer | First on Stadia - YouTube


「Spitlings」は4人まで同時プレイできるレトロなグラフィックのパーティーゲーム。プレイヤーは箱形のモンスターになり、弾みながら弾を飛ばしてお互いに争います。

Spitlings - Official Trailer | First on Stadia - YouTube


「パンツァードラグーン:リメイク」は1995年に発売されたセガサターン用ソフト「パンツァードラグーン」のリメイク作品。主人公は白い外殻に包まれた青いドラゴンに騎乗して、幻想世界を駆けます。なお、以下は2019年6月に公開されたNintendo Switch版の予告編です。

Panzer Dragoon Gameplay || Nintendo Switch Trailer - YouTube


なお、Googleは新しく追加された5作品の他にも、Stadiaに120本以上のゲームを追加していく予定であると発表しています。

Googleがクラウドゲームサービス「Stadia」に独占タイトル10以上を含む120本以上のゲームを追加予定だと発表 - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Googleがクラウドゲームサービス「Stadia」に独占タイトル10以上を含む120本以上のゲームを追加予定だと発表 - GIGAZINE

Googleのクラウドゲーム「Stadia」の公式ムービーが「あまりにもダサすぎる」と酷評される - GIGAZINE

ついにローンチした「Google Stadia」のレビューが登場、未来は感じさせるがまだ荒削りとの評価 - GIGAZINE

Googleの「Stadia」はいつ突然死するかとゲームの開発者は戦々恐々 - GIGAZINE

Googleのクラウドゲームサービス「Stadia」は11月19日サービススタート - GIGAZINE

in ネットサービス,   動画,   ゲーム, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.