ゲーム

PS5やXbox Series Xの発表で現行プラットフォームの売上が大幅に鈍化、一方Nintendo Switchは?


市場調査企業のNPD Groupが、2020年1月におけるアメリカでのゲーム市場全体の販売状況を調査したデータを公開しました。アメリカではPlayStation 4(PS4)およびXbox Oneの売上がアナリストの予測よりも急速に減少していますが、任天堂のNintendo Switchは安定した売上を記録しているとのことです。

2020 Game Market & Gaming Industry
https://www.npd.com/wps/portal/npd/us/industry-expertise/video-games/

Nintendo Switch tops hardware sales in January | VentureBeat
https://venturebeat.com/2020/02/14/nintendo-switch-hardware-sales/

The early reveal of next-gen systems has sent current-gen sales plummeting in the US ? Eurogamer.net
https://www.eurogamer.net/articles/2020-02-16-the-early-reveal-of-next-gen-systems-has-sent-current-gen-sales-plummeting-in-the-us

NPD Groupの調査によると、2020年1月のアメリカにおけるゲームハードウェアの売上は、前年同期比で35%減の1億2900万ドル(約140億円)です。ハードウェア・ソフトウェア・アクセサリなどを含むゲーム業界全体の売上も、前年比で26%減少している模様。

ゲーム市場の調査を行うNiko Partnersでアナリストとして働くDaniel Ahmadさんは、自身のTwitterアカウント上で「NPDの調査レポートの興味深い点は、2020年1月のPS4およびXbox Oneのハードウェア売上が、2013年1月のPS3およびXbox 360の売上(アメリカでは2013年11月にPS4およびXbox Oneが発売)よりもかなり低いという点です。次世代ゲーム機は間もなく登場しますが、どちらのプラットフォームも予測以上に急激に売上を落としています。ただし、Nintendo Switchは引き続き安定しています」と、次世代ゲーム機の登場を控えていた前世代のゲーム機よりも売上が落ちていると指摘しています。

An interesting takeaway from the US NPD report is that PS4 and XB1 hardware sales in Jan 2020 are considerably lower than PS3 and 360 were in Jan 2013.

Next gen consoles are around the corner but both are declining sharper than expected.

Switch continues to remain steady. https://t.co/tBfiJVvJRd

— Daniel Ahmad (@ZhugeEX)


さらに、PS4およびXbox Oneが急速に売上を落としている要因として、Ahmadさんは「PS4およびXbox Oneが長期にわたって販売価格を変えていない点」「PS5およびXbox Series Xという次世代ゲーム機(およびその下位互換性)を早期に発表した影響」「さまざまなデバイスでHD画質のゲームがプレイ可能になった点」「2020年に予定されている主要タイトルの販売遅延」などを挙げています。

It's a combination of multiple factors.

PS4 and XB1 have both held at current price points for a number of years.

Impact of early announcements for PS5/XSX with BC.

Shift to HD gaming across multiple devices.

Delays in key titles planned for 2020.

etc...

— Daniel Ahmad (@ZhugeEX)


なお、当初の予測よりも売上が落ちているというPS4およびXbox Oneですが、アナリスト側に大きな驚きはないようで、2つのプラットフォームの成長がとうの昔に止まっているのは理解済みとのこと。ソニーは2019年に開催された決算発表説明会の中で、PlayStation 4の重要な役割として「向こう3年間のエンゲージメントと収益の原動力」を挙げていますが、既に据置型ゲーム機としては史上最速で販売台数1億台を突破しており、その役割は十分に果たしたといえそうです。

PS4が史上最速で据置型ゲーム機として販売台数1億台を突破 - GIGAZINE


NPD GroupのアナリストであるMat Piscatellaさんは、「Nintendo Switchは2020年1月のハードウェア販売台数および売上高で、最も売れたゲーム機でした」と語っています。前年同期比でのNintendo Switchのハードウェア部門の売上は減少しているそうですが、VentureBeatは「2019年1月には大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL需要で多くのユーザーがNintendo Switchを購入したのに対して、2020年1月は主要タイトルの発売がなかった」と指摘し、Nintendo Switchというプラットフォーム自体の成長が止まったと指摘しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Nintendo Switchの販売台数が5200万台を突破、ついにスーパーファミコン越えを達成 - GIGAZINE

PS4が史上最速で据置型ゲーム機として販売台数1億台を突破 - GIGAZINE

ソニーが次世代ゲーム機「PlayStation 5」の性能比較ムービーをイベントで公開、処理性能はPS4 Proの10倍か - GIGAZINE

ソニーとMicrosoftの戦略的提携でPlayStationは一体どうなってしまうのか? - GIGAZINE

ソニーとMicrosoftがクラウドゲーミング・AI分野で戦略的提携、開発者向けの新プラットフォームも - GIGAZINE

in ゲーム, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.