ハードウェア

「Androidの生みの親」アンディ・ルービン氏が新世代スマホを開発する「Essential」が閉鎖へ


Androidの生みの親といわれるアンディ・ルービン氏は2019年にはEssentialからリモコンのような見た目の「全く新しいスマートフォン」が近い内に発売されることが示唆されていました。しかし、最新の発表で、Essentialが事業を停止するということがわかりました。

An Update from Essential
https://www.essential.com/blog/essential-update

Essential, Andy Rubin’s phone company, is shutting down - The Verge
https://www.theverge.com/2020/2/12/21134985/essential-phone-shutting-down-andy-rubin-startup

Andy Rubin’s smartphone startup, Essential, is dead | Ars Technica
https://arstechnica.com/gadgets/2020/02/andy-rubins-smartphone-startup-essential-is-dead/

ルービン氏が開発していた次世代スマートフォン「GEM」は2019年10月にそのビジュアルが公開され、リモコンっぽい見た目や、「より画面が小さく主に音声で操作する」という特徴が話題を呼びました。

Androidの生みの親アンディ・ルービンがリモコンっぽい全く新しいスマホ「GEM」の画像を公開 - GIGAZINE


GEMのプロジェクトは2018年の時点ですでにスタートしていたとみられていますが、2020年2月12日付で、開発元のEssentialは「努力の結果、私たちは可能な限りのGemを実現しましたが、残念なことに消費者に届ける手段がありません。私たちはオペレーションを停止し、Essentialを閉鎖すると決断しました」とブログに投稿しました。

EssentialはGoogleを退社したルービン氏が立ち上げた会社で、Gem以前には、2017年にEssential Phoneをリリースしています


しかし、Essential Phoneは当初の発売予定日に間に合わず、顧客の個人情報をCCで別の顧客に送ってしまうなど、トラブルが続きました。2018年にはEssential Phoneの第二世代が発売される予定でしたがキャンセルされ、その後も開発中の製品のキャンセルが続き、これまでハードウェア・ソフトウェア部門ともに「製品を売ってお金を得る」という行為は行われてきませんでした。またルービン氏自身についても、「セクハラ疑惑でGoogleを辞任する際に約170億円の株式報賞をもらっていた」というニュースが報じられました。

Essentialの閉鎖により、同社が2018年に買収したメールアプリ・Newton Mailも4月30日には事業を停止するとのこと。一方でEssentialの広報は、ルービン氏が設立したPlaygroundにこの閉鎖は影響しないことを伝えています。

なお、EssentialはAndroidコミュニティがEssential Phoneのセキュリティアップデートを今後も行えるように、ソースコードをGitHubで公開しています。

Essential Products, Inc · GitHub
https://github.com/EssentialOpenSource

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Androidの生みの親アンディ・ルービンがリモコンっぽい全く新しいスマホ「GEM」の画像を公開 - GIGAZINE

Googleのラリー・ペイジがCEOに返り咲いた舞台裏と貫かれている思いとは - GIGAZINE

Googleは約170億円の株式報賞をセクハラ疑惑で辞任したアンディ・ルービンに取締役会を経ずに付与していた - GIGAZINE

iPhone登場前の1994年にスマホを作った「GENERAL MAGIC」が「最も重要な失敗した企業」と呼ばれる理由を描いた映画予告編が公開中 - GIGAZINE

Androidの生みの親が「謎のモッコリつき」の最新スマホの画像を投稿、5月30日に何かが発表される - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア,   ハードウェア, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.