取材

「電光超人グリッドマン」&「SSSS.GRIDMAN」からグリッドマン&六花&アカネ&アレクシス・ケリヴらが大集結


特撮TVドラマ「電光超人グリッドマン」を原作としたTVアニメ「SSSS.GRIDMAN」は、さらに完全新作の「SSSS.DYNAZENON」の制作が決まるなど好評で、ワンダーフェスティバル 2020[冬]でもグリッドマンや六花&アカネなど、多数の造形物が出展されていました。

7-14-03「Studio SAL」にはずらっと胸像が並んでいました。各キットとも、乾電池を利用して瞳や胸を光らせていました。


「SSSS.GRIDMAN/GRIDKNIGHT bust」(1万円)。キットには2つの頭部が入っており、自分で好きな方の胸像に仕上げられます。


グリッドマン


グリッドナイト


「電光超人グリッドマン/シグマ 胸像」(1万円)は、特撮版のグリッドマンとグリッドマンシグマを作れます。


グリッドマン


グリッドマンシグマ


「アレクシス・ケリヴ胸像」(1万円)


「魔王カーンデジファー胸像」(1万円)


4-16-07「スーパーバイザー」には「新条アカネ 水着」(1万6000円)。第5話「挑・発」で着た白ビキニ姿です。


再販は2020年5月2日(土)開催の「ホビーラウンド」か、2020年6月14日(日)開催の「キャラクターズフェスタ」での予定だとのこと。


8-20-05「カントリーガール」にはアカネ&六花が。


「1/8 宝多六花」(9000円)


「1/8 新条アカネ」(8000円)


4-08-04「CASTAIL」の六花&アカネは水着です。

宝多六花(1万円)


新条アカネ(1万円)


6-25-11「うさPハウス」にはバニー姿の新条アカネが。

「アカネくんバニー」(9000円)


背中側はかなり布面積少なめ。


7-01-01「すみながし」には「1/7 怪獣少女アノシラス(2代目)」(原型製作:ひかげ/展示のみ非売品)。イヤホンを裕太に差し出す劇中の1シーンを再現しています。


6-13-02「大帝國ビルト」の「アレクシス・ケリヴ」(6800円)


8-25-02「非公認造形部・バレリバ妄想団」には複数のアレクシス・ケリヴが。

「ちっちゃい巨大アレクシス」(3000円)


「アレクシス・ケリヴ」(1/12スケール/1万円/LED、中華料理、龍亭プレイシート付属)。ちょっと見切れ気味に満艦飾マコが捕まっていますが、もちろんマコはセット外です。


1-03-01「B´full」には限定数10個という、等身大スケールの六花&アカネが並んでいました。


FIGUREX 宝多六花(原型製作:ヨコシマ(B´full)/サイズ:約154cm(台座込み)/価格:148万円+税/限定数:10個/発売日:2020年9月末予定)


FIGUREX 新条アカネ(原型製作:ヨコシマ(B´full)/サイズ:約147cm(台座込み)/価格:148万円+税/限定数:10個/発売日:2020年9月末予定)


こちらは1/8スケールで、ウエディングドレス姿の六花&アカネ。


「SSSS.GRIDMAN 宝多六花 ウエディングドレスver.」(1/8スケール 約174mm/原型制作:まつを(モワノー)/小売価格:1万3800円+税/発売日:2020年3月末予定)


「SSSS.GRIDMAN 新条アカネ ウエディングドレスver.」(1/8スケール 約167mm/原型制作:まつを(モワノー)/小売価格:1万3800円+税/発売日:2020年4月末予定)


1-a「WONDERFUL HOBBYLIFE FOR YOU」に並ぶ3体のグリッドマン。


「GIGANTECHS グリッドマン PRIMAL FIGHTER」(原型制作:坂埜竜(dragon studio)/設計:ユニテック/価格:1万5909円+税/発売時期:2020年5月予定)


「超合体超人 DXフルパワーグリッドマン Initial Fighter カラー」(原型制作:アストレイズ/価格:1万5909円+税/発売時期:2020年2月予定)&「HAGANE WORKS サンダーグリッドマン」(原型制作:ユニテック/制作協力:トイハウス/価格:未定/発売時期:未定)


サンダーグリッドマンは重量感抜群です。


なお、完全新作アニメ「SSSS.DYNAZENON」は「SSSS.GRIDMAN」と同じメインスタッフで制作されることになっています。


©円谷プロ ©2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2020[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

アカネ・六花・グリッドマン・怪獣など「SSSS.GRIDMAN」フィギュアいろいろまとめ、あの興奮をもう一度 - GIGAZINE

特大インパクトのグリッドマンやFateの間桐桜を遊覧船から見上げて楽しむ「橋の下美術館」 - GIGAZINE

アニメ制作会社「TRIGGER」を訪問、映画『プロメア』が生み出された現場はこんな感じだった - GIGAZINE

in 取材,   アニメ, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.