レビュー

停電時のサーバー保守をサポートしてくれるヘッドライト「WOWTAC A2S」で真っ暗なサーバールームを照らしてみた


企業などがクラウドサーバーを使用せず自前で運用するサーバーをオンプレミスサーバーと呼びますが、オンプレミスサーバーを運用する際に最もやっかいなトラブルの一つが「停電」です。GIGAZINEもオンプレミスのサーバーを運用しているので、台風の季節に頻発する停電の対策として発電機を維持し、サーバーダウンを防いでいます。しかし、サーバールームの照明の電源は回復できないため、ヘッドライト「WOWTAC A2S」を購入して停電時の障害対応をしやすいようにしました。

WOWTAC A2S Headlamp - WOWTAC Official Store
http://wowtac.com/wowtac-a2s-headlamp/

ヘッドライトを使用する場所はサーバールームであるため、屋外で夜間に使用するのに必要なほどの明るさは不要です。また、停電はいつ、どれくらいの期間起こるかわからないので、できるだけバッテリー持続時間が長い方が望ましいです。加えて価格も安ければなお良し、といった感じでヘッドライトを探すことに。


ヘッドライト探しには下記サイトを利用。条件を指定すると自分に合ったヘッドライトをおすすめしてくれます。

Parametrek Flashlights
http://flashlights.parametrek.com/index.html


まずはバッテリーの種類を指定します。今回は充電すれば再使用可能なリチウムイオン電池を1本使用するモデルを指定しました。


続いて明るさの単位であるルーメンの幅を指定。高い光量は不要なので、「40ルーメン~200ルーメン」に設定します。


今度は持続時間を指定します。2日間は持ってほしいので、「48時間」を最低ラインに。


最後に価格条件を指定。今回はヘッドライトを5つ購入する予定で、総額2万円程度には抑えたいところ。そこで価格を「$5(約550円)~$35(約3900円)」に指定すると……


ずらっと候補が出てきました。ヘッドバンドが付属しているもので、価格やバッテリーの持続時間を考えると「WOWTAC A2S」がよさそうです。


というわけで「WOWTAC A2S」を購入。


箱の中にはWOWTAC A2S本体、取扱説明書、充電用Micro-USBケーブル、バッテリーキャップの交換用ゴムリングが入っていました。


WOWTAC A2Sにはすでにヘッドバンドが装着されていました。無理やりヘッドバンドを外すこともできそうでしたが、元に戻らない可能性を考え断念。


WOWTAC A2Sと交通系ICカードを比較するとこんな感じ。WOWTAC A2Sのほうが少し大きいです。


搭載されているLEDは1つ。


先端にボタンがついていて、電源のオンオフや明るさの切り替えができます。


モードは「Low(24ルーメン)」「Medium(126ルーメン)」「High(420ルーメン)」「Turbo(1050ルーメン)」「Firefly(0.3ルーメン)」に加え、最高輝度で点滅する「SOS(1050ルーメン)」の6モードがあります。


もう一方の先端にあるキャップを外すと……


バッテリーが取り出せます。採用されているのは18650型のリチウムイオン電池。


Micro-USB端子から直接充電する仕様となっており、付属のケーブルを使って充電ができます。満充電を知らせてくれる機能はありませんが、バッテリー残量が低下すると本体の電源オン時にライトが2回点滅するようになります。


バンドは伸縮性の素材が使われており、2軸で長さが調整可能。


実際にWOWTAC A2Sを頭に装着するとこんな感じ。


さっそく真っ暗なサーバールームでヘッドライトを使ってみることに。最も暗い0.3ルーメンではほとんど手元を照らすことができませんでした。


次に24ルーメンを試してみると、十分手元を照らせる明るさ。


最も明るい1050ルーメンを試してみると、明るすぎて少し目がくらむほど。複数人で作業する際に光が他の人の目に入る可能性や、バッテリーの持続時間を考えると、停電時のサーバー保守という状況では24ルーメンで使用するのがよさそうです。


ヘッドライトを購入したことで、停電時でも両手を使って作業ができるようになりました。停電時の心強いアイテムとなりそうです。

なお、今回はAmazon.comにて29ドル(約3200円)で購入しましたが、Amazon.co.jpでは税込9045円で販売されています。

Wowtac® A2S LEDヘッドライト スポットライト【明るさ1050ルーメン/実用点灯59日間】 6つの点灯モード 防水性能IPX7 キャンプ/サイクリング/ハイキングなどのアウトドア活動に適用18650電池1本(含む) (A2S ヘッドライト Cool White) | WOWTAC | ヘッドライト

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
もしもの災害や停電に備えて「発電機」を実際に購入・維持してみてわかった注意点まとめ - GIGAZINE

落雷の発生場所・時刻を予測する人工知能が開発される - GIGAZINE

国内最速レベルで地震・土砂・大雨の危険度や防災情報を配信する「特務機関NERV防災アプリ」が公開されたので実際に使ってみた - GIGAZINE

気球でインターネットを提供するGoogleの「Project Loon」に逆風 - GIGAZINE

Googleの危機対策チームはAIで洪水を予測するシステムを開発している - GIGAZINE

in レビュー,   ハードウェア, Posted by log1n_yi

You can read the machine translated English article here.