試食

かつおと昆布の和風だしがカレースパイスをまろやかに整える「日清 和風だしカレーメシ JAPAN」試食レビュー


お湯を注いで5分待ってから混ぜるだけでカレーが楽しめる「日清カレーメシ」シリーズに、日本の食文化の象徴である「だし」をきかせた「和風だしカレーメシ JAPAN」が登場しました。かつおと昆布だしのきいた和風ルーとカレーの味わいが融合して、「あっさりしながらも濃い味」になっているとのことなので、実際に食べてみました。

「日清 和風だしカレーメシ JAPAN」(2月3日発売) | 日清食品グループ
https://www.nissin.com/jp/news/8344

これが「和風だしカレーメシ JAPAN」


パッケージの正面には覆面をした忍者のイメージイラストが描かれており、「和風」を意識したデザインになっています。


日清の基準では、「中辛」レベルの辛さとのこと。


原材料名を見ると、かつおぶし調味料・こんぶ調味料・かつおぶし粉末などが入っていることがわかります。


カロリーは1食102gあたり436kcal。


フタを開けてみると、かやくの袋などは入っておらず、ご飯の上に固形のルーが置かれていました。


カップにお湯を注いで、5分待ちます。


5分経過後、フタを開けて中身をぐるぐるかき混ぜます。米から気泡が出ていますが、品質には問題ないとのこと。


出来上がった「日清 和風だしカレーメシ JAPAN」はこんな感じ。


食べてみると、通常のカレーの味わいにかつおぶしのだしがしっかり利いていて、カレーライスというよりも「カレーそば」のカレーに近い味わい。だしが利いている分、カレー特有のスパイシーさは控えめに感じられ、あっさりと仕上がっている印象です。ご飯は柔らかく食べやすく、時折「謎肉」が独特の存在感で味を主張してきます。一方、ボリュームについては「小腹を満たす」程度なので、あっさりした味わいも相まって、人によっては物足りなさを感じるかも。


なお、アニメ「ゾンビランドサガ」に登場するアイドルグループ「フランシュシュ」が「カレーメシ」シリーズのブランドアンバサダーになっており、スマートフォン用ARアプリ「SATCH VIEWER」をカレーメシにかざすとフランシュシュのメンバーのミニキャラクターがパッケージの上で歌って踊るというキャンペーンが開催中とのことなので、実際にやってみることに。

SATCH VIEWERは以下からダウンロードできます。

「SATCH VIEWER」をApp Storeで
https://apps.apple.com/jp/app/satch-viewer/id516172575

SATCH VIEWER - Google Play のアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kddi.ar.satch.satchviewer&hl=ja

今回はAndroid版を使いました。「インストール」をタップすると自動でダウンロード&インストールが完了します。


「開く」をタップして、SATCH VIEWERを起動。


初回起動時は品質向上のためのアンケートが表示されます。今回は「スキップ」をタップ。


「PUSH通知を受信しますか?」と聞かれるので、今回は「いいえ」を選択。


SATCH VIEWERのホーム画面はこんな感じ。中段の「注目のキャンペーン」に「フタの上で踊り出す!フランシュシュARキャンペーン」のバナーが表示されているので、タップします。


「スタート」をタップ。


デバイス内の写真、メディア、ファイルへのアクセスをSATCH VIEWERに許可するため、「許可」を選びます。


スマートフォンのカメラをパッケージのフタに向けると……


以下の画像のように、フタの上に「OK」と表示されるので、画面下部の「PLAY」ボタンをタップ。


すると、フランシュシュのミニキャラクターがカレーメシのフタの上で歌って踊るのを鑑賞できます。今回の「和風だしカレーメシ JAPAN」では星川リリィ、ゆうぎりの2人が表示されますが、「日清カレーメシ ビーフ」では源さくらが、「日清キーマカレーメシ スパイシー」では二階堂サキ、水野愛が、「日清ハヤシメシ デミグラス」では紺野純子、山田たえがそれぞれフタの上に登場します。


「和風だしカレーメシ JAPAN」は、2020年2月3日から全国の小売店で購入可能。希望小売価格は税別230円で、Amazon.co.jpでは6個入りが1490円で販売されていました。

Amazon | 日清 和風だしカレーメシ Japan 102g ×6個 | カレーメシ | インスタントごはん 通販

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
おむすびに一番合うカップヌードルにご飯をぶっこんだ罪深い味わいの「カップヌードル 味噌 ぶっこみ飯」食べてみた - GIGAZINE

「一度は食べたい」ワンタン麺の名店「八雲」監修の200円台のカップ麺を食べてみた、ミシュランガイドにのったお店の味とは? - GIGAZINE

唐辛子と山椒のピリッとした刺激の利いた濃厚な味噌スープが太麺に絡む「全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 辛味噌ラーメン」試食レビュー - GIGAZINE

横浜家系まぜそば風&ピリッと黒胡椒をたっぷり効かせた「日清焼そばU.F.O. 極太 濃い濃い黒胡椒 横浜家系まぜそば」試食レビュー - GIGAZINE

こってり味噌スープに唐辛子と花椒の辛みがクセになる「一度は食べたい名店の味 ど・みそ こってりビリ辛みそらーめん」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.