アニメ

アニメ「異種族レビュアーズ」のTOKYO MXでの放送予定が編成上の都合により中止に


2020年1月から放送中のTVアニメ「異種族レビュアーズ」のTOKYO MXでの今後の放送が中止となったことが発表されました。制作上の理由によって放送が延期される事態は時折見かけますが、本件は「編成上の都合」で放送中止になったという、かなり珍しい事例です。

TVアニメ「異種族レビュアーズ」公式サイト
https://isyuzoku.com/



「異種族レビュアーズ」は、天原さんが原作、mashaさんが作画を担当している漫画を原作としたアニメ。異世界で、人間の冒険者・スタンクとその悪友でエルフのゼルが、森で助けた天使のクリムらとともに、スケベなお店にいる異種族の“サキュ嬢”たちのレビューを重ねていくという作品なので、原作を知る人間はアニメ化を「大丈夫なのか!?」と驚きを持って受け止めることになりました。


どうしても表現は「放送ギリギリ」な方向になるため、放送・配信にあたっては局部や胸部のきわどい部分に修正が施された「通常ver.」、修正がやや少なめの「裏オプver.」、修正なしの「無修正ver.」が用意されました。



YouTubeで公開されているオープニングムービー、およびエンディングムービーからも、その素敵さ具合は伝わるはず。

TVアニメ「異種族レビュアーズ」オープニングテーマ 視聴動画 - YouTube


TVアニメ「異種族レビュアーズ」エンディングテーマ 視聴動画 - YouTube


2020年2月8日(土)深夜放送予定の第5話は、「レビューして欲しい」とオファーを受けるほどになったレビュアーズが単眼娘専門店に出向くお話。

TVアニメ「異種族レビュアーズ」第5話予告 - YouTube


TOKYO MXで単眼のサキュ嬢たちが放送波に乗ることはもうありませんが、視聴年齢制限ありで無修正ver.を放送するAT-Xと、通常ver.を放送するBS11、KBS京都、サンテレビの4局では、今のところ引き続き視聴が可能の見込みです。


ちなみに、KBS京都は過去、AT-Xやテレビ埼玉で放送が取りやめとなった「こどものじかん」を放送した例があるので、今回も最後まで大丈夫だと信じたいところです。

なお、TOKYO MXでは代替番組として「洋上の楽園クルーズ」を放送するとのこと。番組としてはまったく変なものではありませんが、かつてアニメ「School Days」の最終回が前日に発生した事件の影響により放送中止となった際に流れた環境映像を想起させることから、再び「Nice boat.」なのではとの声も上がっています。

「異種族レビュアーズ」は、AT-Xでは毎週土曜日23時から(ほかリピート放送が週3回)、BS11では毎週土曜日25時30分から、KBS京都では毎週日曜日26時10分から、サンテレビでは毎週水曜日26時から、それぞれ放送中。さらに、dアニメストアとniconicoでは毎週土曜日23時30分から地上波放送に先行して通常ver.を配信し、翌週金曜日23時30分から裏オプver.を配信中です。

©天原・masha/株式会社KADOKAWA/異種族レビュアーズ製作委員会

・続報
サンテレビでも2月12日(水)放送分をもって放送が終了となりました。

アニメ「異種族レビュアーズ」がTOKYO MXに続きサンテレビでも放送中止決定 - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
2020年冬開始の新作アニメ一覧 - GIGAZINE

アニメ「メイドインアビス」のシリーズ続編制作が決定 - GIGAZINE

「ひぐらしのなく頃に」新プロジェクト始動、シリーズ開始18年で新たにアニメ化 - GIGAZINE

in 動画,   アニメ, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.