試食

カニを一杯まるごとドカッと挟んだドムドムハンバーガー「丸ごとカニバーガー」が問い合わせ殺到で再販売が決まったので食べてきた


2019年に期間限定で提供され、すでに提供が終了していたドムドムハンバーガーの「丸ごとカニバーガー」が、「まだ食べていない」という問い合わせが多数あったことを受け、店舗を限定して2020年2月1日(土)より再販売されています。カニを一杯まるごとはさみこんだ大迫力のバーガーの味を確かめるべく、実際に食べてきました。

丸ごとカニバーガー 再販売のお知らせ|ドムドムハンバーガー
https://domdomhamburger.com/topics/1371.html



ドムドムハンバーガーに到着。


店頭には限定メニューをアピールするパネルが。


注文して5分ほどで「丸ごとカニバーガー」が運ばれてきました。


交通系ICカードとサイズを比較するとこんな感じ。高さは丸ごとカニバーガーのほうが小さいですが……


直径を比べてみると、バンズだけでも交通系ICカードよりも大きいサイズ。そのバンズからカニのはさみがはみ出ています。


バンズを開けてみると、ド迫力のカニが姿を現しました。「ソフトシェルクラブ」と呼ばれる、脱皮したばかりの甲羅が柔らかいカニが使われており、殻ごと食べられるとのこと。


カニにどいてもらうと、玉ねぎ、チーズ、レタスが挟み込まれているのがわかります。


食べてみると、ソフトシェルクラブの殻がパリパリと心地よい食感で、甘めのチリソースで味付けされた香ばしいカニの風味が口いっぱいに広がります。挟み込まれたチーズは「バーガー感」をうまく演出していて、シャキシャキのレタスは食感にアクセントを加えています。


食べ進めているとカニ味噌が現れ、海鮮のコクが強い味わいに変化。「肉だけがバーガーではないな」と思わせてくれる、満足感たっぷりの一品でした。


「丸ごとカニバーガー」は2020年2月1日(土)から、厚木店イオン吹田店上溝店三ッ境店イオン赤羽北本通り店マルエツ大泉学園店マルエツ東習志野店小平店イオン金沢八景店の9店舗限定・数量限定で再販売されています。価格は税別900円です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ベーコン・パティ・チーズすべてが分厚い肉々しさ全開の「ぜんアツ!ダブチ」などマクドナルドの新作ハンバーガー3種を食べてきた - GIGAZINE

プリップリのえびにガツンとガーリックを効かせて旨辛ケイジャンソースを合わせた「ガーリックシュリンプバーガー スパイシーケイジャン」を食べてきた - GIGAZINE

肉の旨みを堪能できるジューシーな熟成三元豚ロースカツを使った「ロースかつバーガー」「たっぷり野菜のロースかつバーガー」をドムドムハンバーガーで食べてきた - GIGAZINE

しっとり衣が甘いみそ味に浸りごはんがモリモリ進む「牛味噌煮込みロースかつ鍋定食」を松のやで食べてきた - GIGAZINE

6度目の復活を遂げた人気バーガー「チキン南蛮」とサワークリームソースと衣にしみた醤油だれが絶妙な「サワーチキン南蛮」をモスバーガーで食べてきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1n_yi

You can read the machine translated English article here.