生き物

ニワトリがカミソリで男性を刺殺

By Capri23auto

闘鶏を観戦していたインドの男性が、雄鶏によって刺殺されました。

Man killed by chicken armed with blades at illegal cockfight in India | The Independent
https://www.independent.co.uk/news/world/asia/india-man-killed-rooster-cockfight-razor-blades-andhra-pradesh-a9296531.html

Razor-Wielding Rooster Kills Indian Man After Attacking Him At Illegal Cockfight
https://allindiaroundup.com/india/razor-wielding-rooster-kills-indian-man-after-attacking-him-at-illegal-cockfight/

Spectator bleeds to death after being sliced by a blade during cockfight | Daily Mail Online
https://www.dailymail.co.uk/news/article-7899767/Spectator-bleeds-death-sliced-blade-cockfight.html

Man killed by razor-wielding rooster at India cock fight
https://nypost.com/2020/01/19/man-killed-by-razor-wielding-rooster-at-india-cock-fight/

亡くなったのは55歳のインド人、Saripalli Venkateswara Rao氏。Rao氏は2020年1月17日、アーンドラ・プラデーシュ州プラガダバラム村で行われた「カミソリの刃を足に結びつけられた雄鶏同士が戦う」という闘鶏を観戦していました。しかし、暴れ出した雄鶏が闘技場から脱走し、観客席にいたRao氏の腹部を複数回カミソリで攻撃しました。病院に搬送されましたが、病院到着時に腹部からの出血多量による死亡が確認されました。

インドでは、1960年に制定された動物虐待防止法と、アーンドラ・プラデーシュ州法として1974年に制定された賭博禁止法の両方で闘鶏は違法。しかし、ヒンドゥー教の伝統的な祭りの1つであるマカール・サンクランティの出し物として、闘鶏は今なお人気の催しです。

By ToanNguyen

闘鶏に用いられる雄鶏は、体格を良くするためにアーモンドやカシューナッツなどのタンパク質豊富な食事だけでなく、ステロイドまで与えられて育てられるというという強力なニワトリ。そんな雄鶏同士が手足にカミソリの刃を結わえられ、リングで勝敗が決するまで戦います。この勝敗は賭博の対象となっており、地元の上級政治家まで関与しているケースすらあるとのこと。それゆえ警察も「目をこぼす」傾向があり、賭け金の総額は毎年10億ルピー(約15億円)にも達すると推定されています。

by vijay chennupati

2019年にはアメリカの大手紙であるワシントンポストがアーンドラ・プラデーシュ州の闘鶏を独自調査した結果を「闘鶏のスーパーボウル」と題して報告。州議員を含む1000人以上が闘鶏に関与しているという実態を明らかにしました。

Inside India’s illegal ‘Super Bowl’ of cockfighting, where the roosters wear razors - The Washington Post
https://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/the-roosters-wear-razors-inside-indias-super-bowl-of-cockfighting/2019/02/04/63476888-1e60-11e9-a759-2b8541bbbe20_story.html


こういった状況に対して、動物愛護団体が抗議の声をあげていますが、2017年に最高裁判所に提出された闘鶏に関する調査の嘆願書は棄却されています。

2020年度の催事の期間中に命を奪われたのはRao氏だけでしたが、他にも西ゴーダーヴァリ区カヴァグンタ村で10名、チンタム・パリ村で2名の負傷者がそれぞれ報告されています。アーンドラ・プラデーシュ州クリシュナ区警察は闘鶏賭博に対する近年取り締まりを厳しくしていると語っており、2020年度の催事期間中に計540件以上の闘鶏賭博を捜査し、1500人以上を逮捕したと報告しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「ニワトリ」はいったいどのように人類の歴史に影響を与えてきたのか? - GIGAZINE

「くちばし」の成り立ちからも鳥が恐竜の子孫であることが裏付けられる - GIGAZINE

弱虫なんて言わせない、グアテマラでみかける鶏(ニワトリ)がカッコイイ - GIGAZINE

ウサギの争いを仲裁して止めるニワトリのムービー - GIGAZINE

in 生き物, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.