ネットサービス

GoogleがGmail・Googleドライブ・Hangouts Chatを統合したメッセージアプリを開発中

By Mitchell Luo

GoogleのG suite開発チームが、GmailGoogle ドライブなどのGoogle製既存アプリを「統合」した新たなメッセージアプリを開発しているとニュースメディアThe Informationが報じました。このアプリケーションは、SlackMicrosoft Teamsのようなビジネス向けのものだと想定されています。

Google Developing New ‘Unified’ Communications App for Businesses — The Information
https://www.theinformation.com/articles/google-developing-new-unified-communications-app-for-businesses

Google’s tenth messaging service will “unify” Gmail, Drive, Hangouts Chat | Ars Technica
https://arstechnica.com/gadgets/2020/01/report-google-planning-tenth-messaging-app-this-ones-another-slack-clone/


The Informationの報告によると、開発中のアプリは、Gmail、Google ドライブ、Google ハングアウトHangouts Chat、そしてハングアウト Meetを統合したアプリです。これらの機能を有するアプリはすでにSlackなどが存在しますが、Googleが開発中の統合アプリはGmailの機能を活用して、「メッセージをメールのように扱う」ことができる点が特徴とのこと。ただし、The Informationが入手した情報は、「モバイルアプリ」にのみ言及するもので、PC版アプリ・ウェブアプリなどの情報はなかったそうです。

By Charles

仮に問題の統合アプリがリリースされた場合、Google トークGoogle ボイスGoogle Buzz、Google+ Messenger、Google ハングアウト、Google SpaceGoogle Allo、Hangouts Chat、Google Messagesに続く10番目の「Google製メッセージアプリ」となります。以上のように、Googleはメッセージアプリを「乱立」し続けてきた歴史がある上に、サービスを定期的に終了させる傾向があるため、ユーザーは「Google製のメッセージアプリは長くサービスが続かないだろう」と考える傾向があるとテクノロジー系メディアのArs Technicaは指摘。メッセージアプリは、「相手も使用していないと使えない」という問題が存在するため、長続きしないメッセージアプリはユーザーに見向きもしてもらえない可能性があるわけです。

Ars Technicaは、毎年5月に開催されるGoogleの年次開発者向け会議Google I/Oで詳細が報じられるかもしれないと述べています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Googleが2019年に実現させた12個の革新

Googleが人間のように普通に会話できるAI「Meena」を開発

Googleドライブがダウンして「仕事ができない」とパニックになる人が続出

Googleがクラウドゲームサービス「Stadia」に独占タイトル10以上を含む120本以上のゲームを追加予定だと発表

「Google アシスタント」の利用者数が90カ国以上で5億人を突破、テキスト読み上げは42言語対応へ

in モバイル,   ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.