ネットサービス

Googleが検索結果と広告を一目で判別できないように仕様変更、各所から非難の声

by 422737

Googleの検索結果には純粋な検索結果である「オーガニック検索」部分と「広告」部分があり、これまで両者は明確に色分けされてきました。しかし、2020年1月14日に発表された新たな仕様変更により、2つの区分が一目で判別できないようになりました。これに対し、各所から非難の声があがっています。

Google’s ads just look like search results now - The Verge
https://www.theverge.com/tldr/2020/1/23/21078343/google-ad-desktop-design-change-favicon-icon-ftc-guidelines

2020年1月14日、Googleは検索結果の表示が変わることをTwitterで発信しました。Googleによると、2019年に変更したモバイルでの検索結果の表示を、デスクトップ版にも導入するとのこと。


これが検索結果の新しいデザイン。Googleは「サイトのドメイン名とブランドのアイコンを『Ad』という太字ラベルとともに大きく表示する」と説明していますが、一見するだけでは表示されているものが広告なのかオーガニック検索結果なのかが判別しにくいようになっています。


Digidayによって集められたデータによると、この変更により、既に多くの人が広告をクリックするようになっているとのこと。具体的にいうと、いくつかの企業について変更前の1月7~13日という期間と1月14~20日という期間の比較を行ったところ、クリック率が4~10.5%増加していたそうです。

この問題については多くの人が問題点を指摘。イギリスの新聞社the Guardianの編集者であるhern氏は「Googleは方向変換し、広告ラベルを外すのではなく広告ではない検索結果のタイトルの上に小さなタグとテキストをつけることにしました」「広告と検索結果を視覚的に区別するものはありません。技術的にいえばこれは『ラベリング』ですが、広告がどこで終わるのかを一目で判別するのは難しいといわざるをえません」とTwitterで述べました。


2013年までの検索結果では、以下のように広告部分の背景は色が異なっていました。これにより「どれが広告なのか」がはっきりわかったわけです。


なお、Googleの検索結果部門プロダクト管理ディレクターのSundeep Jain氏は2016年に、「よりシンプルなデザインはユーザーが情報を消化しやすくします」「Googleはレイアウトを調和させるため、ページ上にいくつもの色を使うことを減らそうとしています」と語っていました

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Googleの元国際関係責任者が退職、「Googleは邪悪になってしまった」と退職の理由やGoogleの内情を暴露 - GIGAZINE

「Don’t be Evil」から「Do the Right Thing」へ、Googleの新しい行動規範が公開されたことが判明 - GIGAZINE

Googleは「社員が休日に個人的に行ったプロジェクト」にも知的財産権を主張する - GIGAZINE

GoogleやFacebookではユーザーを意図的に企業が有利な方向へ誘導する「ダークパターン」がどのように使われているのか? - GIGAZINE

ユーザーをだますのが目的のデザイン「ダークパターン」いろいろ - GIGAZINE

心理学的な仕組みを用いてユーザーの行動を誘導するデザイン「ダークパターン」とは? - GIGAZINE

ユーザーを意図的にだます「ダークパターン」はショッピングサイトで予想より広く使用されているとの指摘 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.