試食

チョコまみれの至福に浸れるスタバ新作5品レビュー、パッションフルーツ・チョコムースなどあらゆる方向からチョコレートが攻めてくる


チョコとキャラメルを合わせた「バレンタインチョコレートソース」とアーモンドを合わせたザ・王道の「チョコレート with アーモンド プラリネ フラペチーノ」や、チョコと甘酸っぱいパッションフルーツの組みあわせという「チョコレート with パッション フルーツ フラペチーノ」、コーヒーの上にホイップではなくふわふわのチョコレートムースをのせた「チョコレート ムース with ラテ」など、とにかくチョコ尽くしな新作5つが2020年1月17日(金)よりスターバックスに登場しています。バレンタインは関係なくともチョコレート好きにはたまらないチョコまみれの至福を、さっそくスターバックスで味わってきました。

[新商品情報] チョコレート with アーモンド プラリネ フラペチーノ®|スターバックス コーヒー ジャパン
https://www.starbucks.co.jp/cafe/chocolate/

2020年、スターバックスのバレンタインは“CHOCOLATE with”『チョコレート with アーモンド プラリネ フラペチーノ®』、『ホワイト チョコレート with ラテ』他、自分好みのチョコレートを楽しむバレンタインが1月17日(金)よりスタート!
https://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2020-3319.php

スターバックスに到着。


店頭にはホット&コールドそれぞれのチョコ尽くしの新作が掲げられていました。


さっそく注文。まずは「チョコレート with アーモンド プラリネ フラペチーノ」と「チョコレート with パッション フルーツ フラペチーノ」から受け取りました。


いずれもトールサイズのみの提供で、全長123.8mmのiPhone SEと同じくらいの高さ。カップの側面にはチョコとキャラメルを合わせたバレンタインチョコレートソースがたっぷりとかけられています。


ホイップクリームの上にはチョコレートソースとキャンディアーモンドがたっぷり。


飲んでみたところ、「これぞチョコレートドリンク」という予想を裏切らないチョコレート感が口いっぱいに広がります。一方でソースにキャラメルが混ぜられているためか「濃厚すぎて重い」という感じではなく、軽めで飲みやすい仕上がりです。ときどきカリッとしたキャンディアーモンドの香ばしさが感じられ、甘い物好き・チョコ好きを正攻法で攻める王道の一品となっていました。


次は「チョコレート with パッション フルーツ フラペチーノ」を飲んでみます。


これはホイップクリームの上にシェイブスイートチョコレートがたっぷりと振りかけられています。


カップ側面にはたっぷりのパッションフルーツソースが確認できます。また、フラペチーノにチョコレートチップが入っているのも「チョコレート with アーモンド プラリネ フラペチーノ」との違いです。


チョコレートソースではなく、削ったチョコレートが使ってあり、ホイップクリームを口にいれるとミルクのまろやかさとチョコレートの香りがふわっと広がります。


一口目はチョコレートが前面に出るのですが、飲み続けるとパッションフルーツの爽やかな甘酸っぱさが混ざりだし、意外な組みあわせですが互いを良い感じに引き立てていました。フラペチーノ全体にパッションフルーツソースの味があるわけではないので、1つのドリンクで2つの味を楽しんでいるかのようなお得感もあり。2つの意外性と相性のよさは、チョコ好きには一度試してほしい味わいです。


さらに、ホットドリンクとして「ホワイト チョコレート with ラテ」「チョコレート ムース with ラテ」「チョコレート ムース with ドリップ コーヒー」も注文しました。


「チョコレート ムース with ラテ」はスターバックスラテにチョコレートムースをトッピングしたもの。


チョコレートムースはホイップクリームのようにラテの上に浮かんでいます。


なめらかな舌触りで、口の中でふわっと溶けていくチョコレートムースは単品で注文したいくらいにチョコレート好きの心をつかみます。たっぷりのミルクが入ったまろやかなラテとの相性も最高で、ほろ苦いラテにチョコレート感と優しい甘さを追加してくれました。最初の一口はチョコレートムースがダイレクトに味わえ、徐々にドリンクに溶けていくことで、後味はほぼラテの後味です。「ちょっと甘いものが欲しいな」という時にぴったりといえそう。


チョコレートムースをドリップコーヒーに合わせた「チョコレート ムース with ドリップ コーヒー」もありますが、チョコレートムースとは、まろやかなラテの方があっている印象です。コーヒーにはチョコレートとの相性がよい「カフェ ベロナ」が使ってあるとのことですが、苦みがやや強いので、チョコレートムースは甘さではなく、あくまで風味を引き立てている感じ。


さらに、「ホワイト チョコレート with ラテ」も飲んでみます。


トッピングには、ホイップクリームとフレーク状のホワイトチョコレート。エスプレッソにホワイトチョコレートとスチームミルクを加えているため、「チョコレート ムース with ラテ」などよりも甘めのドリンク。ホワイトチョコレートのまろやかさやミリキーさがしっかり楽しめる、3時のおやつにもなりそうな一品でした。


新作ドリンク5品は2020年1月17日(金)から2月14日(金)までの提供予定。なお、各ドリンクのカロリーは(PDFファイル)ここから確認可能で、価格は以下の通りです。

・チョコレートwith アーモンド プラリネ フラペチーノ/トールサイズ税抜590円
・チョコレートwith パッションフルーツ フラペチーノ/トールサイズ税抜590円
・チョコレート ムース with ラテ(ホット)/ショート税抜340円、トール税抜380円、グランデ税抜420円、ヴェンティ税抜460円
・チョコレート ムース with ドリップコーヒー(ホット)/ショート税抜340円、トール税抜380円、グランデ税抜420円、ヴェンティ税抜460円
・ホワイト チョコレート with ラテ/ショート税抜450円、トール税抜490円、グランデ税抜530円、ヴェンティ税抜570円

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
バレンタインを目前にチョコレートを使ったソフトクリーム&アイス約40種類を阪急百貨店で買いまくって食べてみました - GIGAZINE

食べ物・飲み物・あらゆるものがチョコまみれのチョコレート専門レストラン「MAX BRENNER CHOCOLATE BAR」に行ってきました - GIGAZINE

秘密の暗号キーを入手しないと入れない地下階段を下りた先にある謎のカフェ「エンジェル ライブラリー」に行ってきました - GIGAZINE

チョコミン党の聖地「Cafe1001」はあらゆる角度からチョコミントが攻めてくる - GIGAZINE

カカオ豆からチョコレートを作る風景がじっくり見られる「Cacaotier Gokan」に一足早く行ってきました - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.