ソフトウェア

ウィンドウサイズに合わせて表示される情報も変わるオープンソースのネットワーク監視ツール「bandwhich」を使ってみた


PCのネットワーク使用状況を確認するツールはWindowsのリソースモニターやLinuxのiftopコマンドなどが有名です。そんなネットワーク監視ツールの一つである「bandwhich」は、CLI上でプロセスごとにネットワークを監視できるコマンドで、ウィンドウサイズに合わせて表示される情報が変化していくツールです。GitHubにソースコードが公開されているので、実際に使ってみました。

GitHub - imsnif/bandwhich: Terminal bandwidth utilization tool (formerly known as "what")
https://github.com/imsnif/bandwhich

今回はUbuntuにbandwhichをインストールしてみます。まずはパッケージマネージャーのCargoをインストールするため、下記コマンドを実行します。

curl https://sh.rustup.rs -sSf | sh


インストールオプションが表示されるので「1」を入力して先へ進みます。


インストールが完了したら再起動し、下記コマンドを実行します。

cargo install bandwhich


さっそく下記コマンドを実行してbandwhichを起動。

bandwhich


bandwhichの画面が表示されました。ネットワークを使用しているプロセスがないため、何も表示されていません。


試しにブラウザを起動しインターネットのスピードテストを実施してみると、bandwitchの画面に情報が表示されました。


プロセスごとのネットワーク使用状況がビット毎秒単位で表示されています。


ターミナルのウィンドウサイズを大きくすると、表示される情報も増えます。以下はウィンドウを下側に拡大したところで、下部にネットワークデバイスや接続先のホストネームが表示されるので、スパイウェアの不正通信を特定するのに役立ちそうです。


今度はウィンドウを横に拡大すると、IPアドレス別の情報が表示されました。


現在対応しているOSはLinuxとmacOSで、Windowsは非対応。CLIで軽快に動作するので、デスクトップの隅に常時表示しておくことも可能です。

GitHub - imsnif/bandwhich: Terminal bandwidth utilization tool (formerly known as "what")
https://github.com/imsnif/bandwhich

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
無料でPC内を監視しているスパイウェアを誰でもすぐ簡単に発見できる「DETEKT」 - GIGAZINE

Microsoftの無料コマンドラインアプリ「Windows Terminal」がブラウン管ライクな見た目に変身可能に - GIGAZINE

Firefoxが提携する安全かつカスタマイズ可能なDNSサービス「NextDNS」設定方法まとめ - GIGAZINE

無料で暗号化仮想ドライブを作成できるフリーソフト「VeraCrypt」 - GIGAZINE

無料でTorネットワークを使って匿名で安全にファイルをやりとりできる「OnionShare 2」 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by log1n_yi

You can read the machine translated English article here.