試食

築地魚市場のプロが愛した「粋な食べ方」そのままの吉野家「ねぎだく牛丼」は光輝く玉ねぎの甘味とコクを堪能できる一品


吉野家一号店である「吉野家 築地店」で築地魚市場のバイヤーが愛した「粋な食べ方」が、通常の牛丼に玉ねぎをたっぷりいれるという「ねぎだく牛丼」です。2020年1月8日から全国の吉野家で「ねぎだく」が食べられるということなので、実際に食べてきました。

ねぎだく牛丼 | 吉野家公式ウェブサイト
https://www.yoshinoya.com/menu/gyudon/negidaku-gyu-don/

築地店で約90年間愛され続けた“粋”な食べ方「ねぎだく」が復活吉野家、『ねぎだく牛丼』を1月8日(水)から全国店舗で販売開始
(PDFファイル)https://www.yoshinoya.com/wp-content/uploads/2020/01/07095616/news20200107.pdf

吉野家に到着。


「玉ねぎは、うまい。」と書かれた特別メニューが目当ての「ねぎだく牛丼」をアピールしていました。ねぎだく牛丼は築地市場のバイヤーが愛した食べ方とのことですが、その聖地といえる「吉野家 築地店」は築地市場が豊洲に移転することに伴って、2018年10月6日に92年間の営業に幕を閉じています。


「ねぎだく牛丼」は、小盛・並盛・アタマの大盛・大盛・特盛・超特盛と6種類のサイズが用意されています。今回は並盛(税別454円)を注文しました。


注文後、わずか1分ほどで「ねぎだく牛丼」が運ばれてきました。


別鉢で提供される玉ねぎが光輝いています。


玉ねぎの見た目が魅力的だったので、まずはそのままパクッとひとくち。食べてみると、噛むたびに「シャクシャク」と音が立ち、玉ねぎならではの自然な甘さが口の中に広がります。


せっかくなので、別鉢から玉ねぎを牛丼に載せて本来の「ねぎだく牛丼」らしくしてみることに。


完成した「ねぎだく牛丼」はこんな感じ。通常の牛丼に比べて玉ねぎの量は4倍、牛丼と玉ねぎの割合は1:2になるとのことで、まさに「ねぎだく」な貫禄のたたずまい。


そんなたっぷりの玉ねぎと牛丼を合わせて食べると、甘く味付けられた牛肉の旨みとコクと、玉ねぎの自然な甘さがお互いの味わいを高め合っており、食べる手が文字通り止まりませんでした。


なお、「超特盛」(税別824円)を頼んだ場合はこんな感じ。


注文した牛丼のサイズによらず、別鉢の玉ねぎの量は一定の様子。


盛ってみたものが以下。超特盛だと肉もかなりの量なので、「ねぎだく」というよりも、「本来こうあるべき」と思えるような玉ねぎと牛肉のバランスになります。


吉野家「ねぎだく牛丼」はテイクアウトデリバリーも可能で、以下の店舗を除く全国の吉野家で食べられます。

「ねぎだく牛丼」販売していない店舗一覧
(PDFファイル)https://www.yoshinoya.com/pdf/negidaku_list/

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
吉野家が国会議事堂用に開発した限定「牛重」を羽田空港で食べてきた - GIGAZINE

トロトロに煮込んだ豚肉と半熟たまごを牛めしに添えた「”うまとろ”豚たま牛めし」食べてみた - GIGAZINE

ハンバーグと土鍋で煮込んだ濃厚デミグラスソースでご飯が進む大戸屋の「味噌デミソースの煮込みハンバーグ」試食レビュー - GIGAZINE

追いラー油と花椒で理想の辛さを追求したら寒さが消し飛んだやよい軒「四川麻婆豆腐とから揚げの定食」試食レビュー - GIGAZINE

「悪魔」の名を冠するサックサクの揚げ玉ととろりとした温泉たまごがたまらない定番メニューの進化系「白髪ねぎ牛丼デビルおんたまMix」をすき家で食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.