メモ

ポルノスターがオーストラリアの野生動物を救うために「募金者にヌード写真を贈る」運動を開始

By stokpic

数カ月にわたって大規模な火災が続いているオーストラリアでは、人間だけでなくコアラやカンガルーなどの野生動物も甚大な被害を受けています。そんな惨禍の中、ポルノスターが自らの性的魅力を使って野生動物を救うための寄付を募り、わずか3日で1億円以上を調達しました。

Australia is burning and these women are dousing the flames with their nude photos | Montreal Gazette
https://montrealgazette.com/news/australia-bushfires-wildfires-nude-model-sex-worker-kaylen-ward-jenna-lee/wcm/6a8576d9-b02d-43e5-9f4d-f54eb83f96c5

Model Kaylen Ward said she raised at least $500,000 for Australia wildfires with nude photos - The Washington Post
https://www.washingtonpost.com/technology/2020/01/06/model-raised-australia-wildfire-relief-by-sending-nude-photos-donors-she-says/

2019年9月から始まったオーストラリアの大規模火災は、2019年内には終息を迎えず、一連の火災によって命を奪われた野生動物は5億頭にのぼるという説も唱えられています。

数カ月にわたりオーストラリアで続く山火事の凄まじい被害の記録、なぜこれほどまでに壊滅的な被害をもたらしているのか? - GIGAZINE

by matthew abbott

そんなオーストラリアの窮状を見て立ち上がったひとりが、ロサンゼルスの20歳のヌードモデル、ケイレン・ワードさん。すでに多くの人がオーストラリアを手助けするために活動を行っていましたが、ワードさんは「自分の性的魅力」を役立てることを決意。ワードさんは、「オーストラリアの森林火災に関連する募金活動を行う以下の団体に最低10ドルの寄付をしてくれた人に、私のヌード写真をTwitterのダイレクトメールで送ります。10ドルごとに、ヌード写真1枚です。寄付してくれた人は、領収書を私にメールしてください」とTwitter上で呼びかけました。


この活動の反響は非常に大きかったようで、開始してから3日後の2020年1月7日の段階で寄付金の総額が100万ドル(約1億1000万円)に達したとワードさんは発表。ワードさんは人々から送信され続ける寄付の領収書を処理するために、3人の友人を雇っているそうです。

そんなワードさんを駆り立てるのは、自身が2018年にカリフォルニアで被災した「同州で過去最悪」と呼ばれた山火事。ワードさんはその経験を、「空が紫色と黄色とオレンジ色になって、世界の終わりのように見えました」「火災が終わった1カ月後も、煙のせいで空が灰色のまま」と表現。経験した火災よりもオーストラリアの火災がはるかに大きい規模だったことが、ワードさんに危機感を抱かせたとのこと。


今回の活動によって、ワードさんはInstagramアカウントを削除された上に、両親に勘当され、ボーイフレンドに口を利いてもらえなくなったそうですが、ワードさんは「でもいいわ、コアラが救えるのだから」と語っています。


「エロスのパワーによってオーストラリアを救う」というアイデアは多くのポルノスターによって受け入れられ、ライリー・リードさん、ジェナ・リーさんらも同様の活動も開始しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
数カ月にわたりオーストラリアで続く山火事の凄まじい被害の記録、なぜこれほどまでに壊滅的な被害をもたらしているのか? - GIGAZINE

史上最悪の山火事から1年を迎えたカリフォルニア州で再発防止の計画停電が行われる - GIGAZINE

山火事で発生した大量の煙が気温や水温を低下させ生態系に影響を与えている - GIGAZINE

燃えさかる山火事の側で果敢に野性のウサギを助ける男性のムービー - GIGAZINE

世界最大のポルノサイトPornhubが「2019年アクセス統計」を公開、2019年を象徴する単語は「素人」「エイリアン」検索数トップは「日本人」「ヘンタイ」 - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.