ネットサービス

YouTubeがハラスメントポリシーを改訂、「人種・性別・性的指向に基づく侮辱」「暴力の示唆」を禁止へ

By NordWood Themes

2019年12月11日、YouTubeが公式ブログ上で「ハラスメントポリシーの改訂」を発表しました。改訂されたポリシーでは、「人種・性別・性的指向に基づく侮辱」や「暗示的な脅迫」が新たに禁じられました。

Official YouTube Blog: An update to our harassment policy
https://youtube.googleblog.com/2019/12/an-update-to-our-harassment-policy.html

これまでYouTubeは、規約やガイドラインを頻繁に変更してYouTube上から不適切なコンテンツを排除するように尽力してきました。ハラスメントに関するポリシーの改訂では、2019年6月6日に「暴力的な過激主義や至上主義的な発言を行うムービーを禁止」していました。

YouTubeがまたもやコンテンツガイドラインを変更して至上主義者によるコンテンツ&チャンネルを削除 - GIGAZINE

by Hello I'm Nik

従来のポリシーでは「誰の目にも明らかな脅迫」「機密とされるべき個人情報の開示」「他人に対する嫌がらせの推奨」が禁じられていました。今回改訂されたポリシーでは、暴力を予想させるコンテンツや暴力事件を引き起こしかねない発言などの「暗示的な脅迫」が禁じられることとなりました。

これらの脅迫に関する規制強化に加え、「YouTubeで許可されないコンテンツ」について一貫した基準を定めるために、人種・性別・性的指向などの性質を悪意を持って侮辱するようなコンテンツが禁止されました。この規制は、YouTube上にコンテンツを投稿するあらゆる個人・団体に適用されるとのこと。

By un-perfekt

さらに、「個別のムービーだけでは『嫌がらせとしての限度』を超えていないが、複数のムービーを総合すると限度を超えているケースもある」として、繰り返しポリシーに抵触するようなムービーを投稿したチャンネルは、ムービーによる収益化が停止されるようになりました。嫌がらせの投稿が継続された場合はチャンネルからコンテンツが削除され、最終的にチャンネル自体が削除されるとのこと。これらのポリシーの適用範囲には、ムービーだけではなく、コメントも含まるため、ポリシーに明白に違反する「有害なコメント」もまた削除対象となっています。

YouTubeは、クリエイターだけでなく、オンライン上のいじめについて研究する団体らと協議を重ねて今回の改訂を決定したと述べています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
YouTubeがクリエイターに「動画が子ども向けかどうか選択するように」と呼びかけ - GIGAZINE

YouTubeの新しい利用規約が「採算の合わないチャンネル」を勝手に削除可能になるものだと物議を醸す - GIGAZINE

YouTubeの規制基準があいまいすぎて教育目的のチャンネルが一部撤退を表明 - GIGAZINE

YouTubeがヘイトスピーチ対策で3カ月で10万本超の映像と1万7000チャンネルを削除 - GIGAZINE

YouTubeがまたもやコンテンツガイドラインを変更して至上主義者によるコンテンツ&チャンネルを削除 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.