ネットサービス

課金にも広告にも頼らず収益を増やせる方法として無料画像サイト「Unsplash」が開始した「Unsplash for Brands」はどんな内容なのか?


Unsplash」は100万枚以上の高画質画像を無料でダウンロードできるオンラインサービスです。そんなUnsplashの中の人が「お金の問題」を解決し収益を得るための新たなプロジェクト「Unsplash for Brands」について語っています。

???? What does Unsplash cost in 2019? - Unsplash Blog - Medium
https://medium.com/unsplash/what-does-unsplash-cost-in-2019-f499620a14d0

Introducing Unsplash for Brands - Unsplash Blog - Medium
https://medium.com/unsplash/introducing-unsplash-for-brands-3b60d1b4ad0c

Unsplash is building an ad business around branded stock photos | TechCrunch
https://techcrunch.com/2019/12/10/unsplash-for-brands/

2019年時点でUnsplashが公開している画像は、同業他社のShutterstockGettyimageAdobe Stockらが公開している画像の合計数を上回っているとのこと。そのため、それだけ膨大な画像を保存しているサーバーや、ユーザーが画像をダウンロードする際のトラフィックのためには多額の維持費が必要です。

Unsplashが公式ブログ上で公開した情報によると、2019年2月の維持費は、サーバー代が2万9763ドル(約320万円)、監視費用が7679ドル(約83万円)、情報処理費用が1万5223ドル(約170万円)、ホスティング代が4万2408ドル(約460万円)で、合計すると9万8653ドル(約1100万円)でした。以下はUnsplashの維持費の月ごとの推移を示したグラフで、維持費用がサービス開始以来増加傾向にあることが一目でわかります。


増大し続ける維持費に対処する必要はあるものの、「写真への課金は創造性の足を引っ張る」ということで、Unsplashは課金にも広告にも頼らない収益化プロジェクト「Unsplash for Brands」を開始しました。

「Unsplash for Brand」は提携した企業のブランドイメージを促進する画像をUnsplash上で共有するというキャンペーンです。例えば、Google Chromebooksはターゲット層である学生にとって魅力的な「Chromebookを使ったイメージ画像」を公開します。


Google Chromebooksが公開する画像は、「Studying(学習)」など、学生と関連性が高い単語で検索を行うと表示されるようになります。


その結果、報道各社が掲載する記事やプレゼンテーションなどのメディアがChromebookの写った画像を利用するようになります。これによって、企業は製品や企業ロゴなどの露出を増やすことができます。


以上のような手法で、「Unsplash for Brand」は提携した企業のブランドイメージを促進するわけです。

「Unsplash for Brand」に使用する画像は、提携企業が自前で作成することもできますが、Unsplashが雇った写真家に作成してもらうことも可能とのこと。例えば、ペットボトルよりも温室効果ガスを少なくできるリサイクル可能な紙パックを促進するBoxed Water is Betterの公開する写真は、「ロゴ入りの紙パック」が写っている点は共通するものの、単なる宣伝とは思えないほど多種多様な写真となっています。また、これらの画像はBoxed Water is Betterの要望に応えて、ペットボトルが映り込んでいないものになっているとのこと。

Boxed Water Pictures | Download Free Images on Unsplash
https://unsplash.com/s/photos/boxed-water


デジタルマーケティング企業のKantar Millward Brownの調査の結果、「Unsplash for Brands」による効果はTVやデジタル広告のベンチマークの約5倍に達すると可能性があるとUnsplashは述べています。UnsplashはすでにGoogle、ハーレーダビッドソン、Square、Timberland、Boxed Water、Brandless、Le Creuset、The Honest Companyなどの企業と提携を開始しており、キャンペーンに参加する企業を以下のメールフォームから募集しています。

Unsplash for Brands
https://unsplash.com/brands

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
月間1億PVの発信力を使って情報を「ほしい!」という人に届ける方法まとめ - GIGAZINE

無料で高画質な写真がダウンロードできる「Unsplash」の運営費用はどれぐらいかかっているのか? - GIGAZINE

無料で商用利用可能な画像をサクッと検索できるネットサービス「Pixel Mob」 - GIGAZINE

無料でビビッときた画像を保存&共有できる画像検索サービス「Savee」 - GIGAZINE

無料で使える1億枚オーバーの高品質写真を30以上の画像共有サービスから串刺し検索できる「Mediachain Attribution Engine」 - GIGAZINE

無料で700種類以上の画像アイコンとアイコンフォントをダウンロード可能で商用利用もOKな「IconBros」 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.