ネットサービス

GoogleがスマートテレビプラットフォームAndroid TVの「次世代版」を開発中か


Googleが「Android TVをAndroid 10ベースにアップデートした」と公式ブログで明らかにしました。さらに、その中で「次世代Android TV」の開発に触れ、次世代Android TVの設計のために開発者向けの専用機器「ADT-3」を発表しました。

Android Developers Blog: Android 10 on Android TV
https://android-developers.googleblog.com/2019/12/android-10-on-android-tv.html

Google is making a 4K Android TV dongle, but it's not for consumers
https://www.xda-developers.com/google-4k-android-tv-dongle-operators/


Google built its own tiny HDMI 2.1 box to jump-start ‘the next generation of Android TV’ - The Verge
https://www.theverge.com/2019/12/10/21004376/google-adt-3-android-tv-10-update-set-top-hdmi-2-1

このアップデートは、Android 10で活用されているProject Trebleによる更新の高速化と、TLS 1.3対応によるパフォーマンスの向上とセキュリティの強化が中心。新機能の追加など、目に見えて大きな動きが今回のアップデートにみられないのは、Googleが「次世代Android TV」を開発中だからだと、技術系メディアのThe Vergeは指摘しています。

今回発表されたAndroid TVのアップデート記事の中で、「次世代Android TVデバイスの設計のため」として、Googleは「ADT-3」という開発者向け機器を発表しました。ADT-3はクアッドコアARM Cortex A53CPU、2GBDDR3メモリ、HDMI2.1ポートを備えており、60FPSで4K HDRコンテンツを出力する機能を有しており、開発者がアプリをビルドしてテストするためのハードウェアです。Googleが公開したADT-3の外観が以下。


XDA-Developersが入手したリーク情報によると、ADT-3はASUSの子会社であるAskeyによって製造されます。この件について報じたThe Vergeは、「次世代Android TVはGoogle以外の会社が『自社ブランド』として販売する権利を購入できる『ホワイトラベル』として販売される可能性がある」と報じています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Googleが充電中のAndroidデバイスをスマートディスプレイのように使える「Googleアシスタント アンビエントモード」を発表 - GIGAZINE

Googleのクラウドゲーム「Stadia」の公式ムービーが「あまりにもダサすぎる」と酷評される - GIGAZINE

ついにローンチした「Google Stadia」のレビューが登場、未来は感じさせるがまだ荒削りとの評価 - GIGAZINE

Google Earthにお気に入りの場所を登録したり画像やテキストを追加したりできる「プロジェクト作成機能」が登場&使用方法はこんな感じ - GIGAZINE

Googleが発音のチェックを行う音声認識サービスを開始 - GIGAZINE

in ネットサービス,   ハードウェア, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.