試食

にんにく醤油にバターが香る「やみつきポークソテー定食(にんにくバター醤油)」&「カットステーキ定食(味噌香るマスタードソース)」をやよい軒で食べてきた


外食チェーンのやよい軒に2019年12月3日(火)から期間限定で「やみつきポークソテー定食(にんにくバター醤油)」と「カットステーキ定食(味噌香るマスタードソース)」が登場しました。寒い冬に体を温めるのにぴったりな定食2品を実際に食べに行ってきました。

『カットステーキ定食(味噌香るマスタードソース)』『やみつきポークソテー定食(にんにくバター醤油)』 12月3日(火)期間限定新発売! | 新着情報 | やよい軒
https://www.yayoiken.com/news/view/318

やよい軒に到着。


さっそく新メニューを注文すると、10分ほどで料理が運ばれてきました。「やみつきポークソテー定食(にんにくバター醤油)」のセット内容はポークソテー、みそ汁、にんにく醤油だれ、ごはんとなっており、価格は税込990円です。


バターはすでに溶けた状態で運ばれてきました。


付け合わせはポテト、いんげん、たまねぎです。


にんにく醤油をポークソテーにかけます。


一口食べてみると、にんにく醤油のガーリックな香ばしさがバターのほのかな甘さと絶妙に調和していて、食べれば食べるほど食欲が増していくように感じられます。ポークソテーは思ったよりも脂がしつこくなく、あっさりと食べ進められます。


にんにく醤油は白米と相性抜群で、ごはんがどんどん進みました。


「カットステーキ定食(味噌香るマスタードソース)」は税込1000円。


このメニューは「カットステーキ定食」に期間限定の「味噌香るマスタードソース」がついたもの。


ステーキが冷めないうちにソースをかけると......


ソースが鉄板で熱され、蒸気とともにマスタードの香りが広がります。


一口食べてみると、鼻がツーンとするマスタードの辛みがガツンと口の中に広がります。マスタードの辛みが鼻を抜けた後、味噌の濃厚なコクがじわじわと感じられ、自然と白米に箸が伸びるような一品。


ソースを少し残してステーキをひたひたに浸して食べるのもアリ。


「やみつきポークソテー定食(にんにくバター醤油)」と「カットステーキ定食(味噌香るマスタードソース)」は2019年12月3日より全国のやよい軒にて期間限定で販売されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
赤身のロースステーキをガッツリ食べられるやよい軒の「カットステーキ定食」を食べてきた - GIGAZINE

肉の風味・味・食感を分子レベルで再現した人工肉「Beyond Burger」と「Impossible Burger」を実際に焼いて食べたらすごかった - GIGAZINE

牛・豚・鶏のお肉のオールスターがそろった夢のコラボ丼「トリプルすたみな爆肉丼」を伝説のすた丼屋で食べてみた - GIGAZINE

和風イメージのなか卯が作った初のハンバーグ「デミグラスハンバーグ定食」を食べてきた - GIGAZINE

日本の定食スタイルが定番メニューなコロンビアの食事情は素晴らし過ぎる - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1n_yi

You can read the machine translated English article here.