サイエンス

頭を振って耳の水を取り除くと「脳が損傷を受ける可能性がある」と物理学者が指摘

By DragonImages

水泳やシャワーの最中に「耳に入った水」は、不快感がある上に中々抜けません。そんな耳の水を小さな子どもが頭を強く振って抜こうとした場合、「脳が損傷を受ける可能性がある」と物理学者が警告しています。

APS -72nd Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics - Event - Acceleration-induced water ejection in the human ear canal
https://meetings.aps.org/Meeting/DFD19/Session/A31.7

Shaking head to get rid of water in ears could cause brain damage | EurekAlert! Science News
https://www.eurekalert.org/pub_releases/2019-11/aps-sht111819.php

Warning: Shaking Head to Get Rid of Water in Ears Could Cause Brain Damage
https://scitechdaily.com/warning-shaking-head-to-get-rid-of-water-in-ears-could-cause-brain-damage/

外耳道は耳の外側から鼓膜まで続く部分のことで、いわゆる「耳の穴」のことを指しています。以下の赤枠部分の「Ear canal」が外耳道。

By Papa November

コーネル大学バージニア工科大学の物理学者の研究チームは2019年11月に開催された第72回アメリカ物理学会流体力学部門年次大会で「小さな子どもが頭を強く振って外耳道の水を抜くと脳が損傷を受ける可能性がある」と発表しました。研究チームはCTスキャンによって人間の外耳道の形状を3Dデータ化し、ガラス管製の「人工外耳道」を作成しました。この人工外耳道の内側は水素化ケイ素(シラン)によってコーティングされ、疎水性の面で可能な限り「人間の耳」に近づけられています。人工外耳道はこんな感じの見た目をしています。

By Anuj Baskota、Seungho Kim、Sunghwan Jung

研究チームは、頭を振って水を排出するという行為を再現した「人工外耳道に水を詰めてからバネに落とす」という実験によって、「人工外耳道から水を排出するのに必要な加速度」を計測しました。計測の結果、小さな子どもの耳を模した人工外耳道から水を排出するために必要な加速度は、重力加速度の10倍だと判明。研究チームは、「人間の脳に深刻なダメージを与えうる加速度」だと述べています。

人工外耳道から水を排出するのに必要な加速度は液体の量と位置に強く比例し、大人の外耳道の形状ではそれほど強くの加速度を要さないこともわかっています。それゆえ、大人の場合は危険度は大きく下がるとのこと。

研究チームは耳から水を抜く方法として、「アルコールや酢を耳に数滴入れる」という方法を発表しています。アルコールや酢は水よりも表面張力が低いため、耳の水と混ざると水全体の表面張力が低下して水が出てくるそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
AirPodsを耳に入れっぱなしにしたら何が起こるのか? - GIGAZINE

「耳鳴りを抑える方法」が偶然にも車酔い軽減デバイスの研究中に発見される - GIGAZINE

13歳の女の子が「手を乾かすハンドドライヤーの騒音レベルは子どもの耳に有害」と4年にわたる研究で証明 - GIGAZINE

バイオ3Dプリンターで実物大の耳をプリントすることに成功 - GIGAZINE

騒々しい場所で会話が聞き取れないのは「隠れた難聴」であるとする研究結果が発表される - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.