試食

パティ4枚重ねで「いっぱいお肉を食べよう」を実現した1ポンドバーガーをクラウンハウスで食べてきた


吉祥寺にあるハンバーガーショップ・クラウンハウスでは、毎月29日の「肉の日」に合わせて、パティの総重量が約450gある「1ポンドバーガー」を出しています。これはぜひ食べてみなければということで、クラウンハウスに行ってきました。

Crown House【クラウンハウス】
http://crownhouse.jp/

「クラウンハウス」はフレッシュネスバーガーが「新たな可能性を追求する」新業態店舗として、2015年10月にオープンしたお店です。メインのクラウンバーガーがどんなものかは以下の記事を読むとわかります。

フレッシュネスバーガーが贅沢空間を目指した新業態店舗「Crown House」でクラウンバーガーを食べてきた - GIGAZINE


今回は「肉の日」限定メニューの1ポンドバーガー狙いです。この29日だけはお店の外に出されたメニューに巨大バーガーの写真が出現します。


「肉の日」は1ポンドバーガー(税別1129円)のほか、通常は4500円のUS産アンガスビーフ1ポンドリブロースステーキが税別2929円で食べられます。


1ポンドバーガーがどれぐらいすごいのか、普通のハンバーガー(税別980円)と比較することにしました。


注文して5分ほどで運ばれてきたハンバーガー。


そして、同時に1ポンドバーガーもやってきました。フライドポテトとピクルスは最初からセットになっています。


普通のハンバーガーもバンズがふっくらとして大ぶりなのですが、1ポンドバーガーはそれを越えてくる大きさ。


大きさゆえに、形を維持するための串は2本差し。それでもなお傾いています。


ハンバーガーを手前に置くと、余計に1ポンドバーガーがどっしりとした姿であることが強調された感じ。


4枚のパティの間からはチーズが顔をのぞかせています。


さすがにそのままでは食べられないので、真っ二つにカットしてみました。


……やはりかぶりつくのはかなり難しいサイズ。


なお、1ポンドバーガーは上からトマト、レタス、パティ&チーズという順で挟まれていますが、ハンバーガーはパティ、トマト、レタスの順でサンドされています。1ポンドバーガーを同じ順番でサンドすると最上部にパティが4枚来ることになるので、今以上に崩れてしまいそう。


注文してから焼き上げたパティはこんがりジューシーで、おなかにズッシリと溜まり、量でも質でも満足度高め。これが通常のハンバーガーにプラス149円で食べられるというのはあまりにも破格。好評で復活したというのも納得です。フライドポテトもホクホク、かつ塩加減がいいあんばいで、テーブルにあるケチャップを使う必要がなく、ピクルスは追加料金がかかってもおかしくないレベルで、もし近所にお店があったら、毎月肉の日はコレを食べに行くこと間違いなしでした。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
高さ約20cmの肉の塔がそびえ立つ「バーガータワー」をRICHGARDEN(リッチガーデン) 心斎橋本店で食べてきた - GIGAZINE

「いい肉爆盛り感謝祭」でパティ5枚のワッパーチーズをバーガーキングで食べてみました - GIGAZINE

450gのビッグな肉を存分に堪能できるワンポンドアンガスリブロースステーキを食べにカウボーイ家族に行ってきた - GIGAZINE

総重量1kg・1日限定5食「特盛ステーキ丼」をステーキ・ハンバーグタケルで挑戦 - GIGAZINE

アゴが外れそうに分厚く味わい濃厚な「King George sandwich bar」のスクランブルエッグサンドを食べてみた - GIGAZINE

「肉好きの、肉好きによる、肉好きのためのステーキハウス」がコンセプトの「ザ・ステーキ六本木」に行ってきました - GIGAZINE

in 試食, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.