試食

鹿肉のパティをスパイスのきいたラグーソースが引き立てる「ジビエ 鹿肉バーガー(ラグーソース)」をロッテリアで食べてきた


牛肉や豚肉と比較して高タンパク、低カロリーで鉄分豊富とされる鹿肉を使った「ジビエ 鹿肉バーガー(ラグーソース)」が、ロッテリアで2019年11月29日(金)から登場しています。2019年1月に登場したBBQ&チーズソースのジビエ鹿肉バーガーの好評を受けての第2弾ということで、実際に食べに行ってきました。

農林水産省制定「国産ジビエ認証」制度基準を クリアした施設で適切に処理した鹿肉バーガー 『ジビエ 鹿肉バーガー(ラグーソース)』 2019年11月29日(金)より全国123店舗で限定販売!|キャンペーン|ロッテリア
https://www.lotteria.jp/campaign/000352/

ロッテリアに到着。


店内に入ると……


「ジビエ 鹿肉バーガー(ラグーソース)」の写真が張り出されていました。


さっそく注文したところ、出来上がるまで5分以上かかるとのことで番号札を渡されました。


5分待って鹿肉バーガーが到着。獣臭さなどはまったくなく、ラグーソースからくるトマトとガラムマサラの香りが漂ってきました。


バンズに挟まれているのはレタス、トマト、オニオン、鹿肉のパティ、ピクルス、ラグーソース。


一番下に塗られたラグーソースにも鹿肉が入っています。使用されている鹿肉は農林水産省制定「国産ジビエ認証」制度の基準をクリアした長野県の工場で適切に処理されているとのこと。


獣臭さや固い肉質がイメージされがちな鹿肉ですが、ラグーソースから香るガラムマサラなどのスパイスによって臭みはほとんど感じられません。スパイスが効いていながらも、しっかりとした肉のうま味が感じられます。パティには鹿肉が6割使用されており、(PDFファイル)栄養成分・アレルギー情報一覧によると、牛肉や大豆なども入っており、脂っこさはなくしっとり柔らかい口あたり。たっぷり入った野菜がみずみずしく、さっぱりとした味わいに仕上がっていました。


「ジビエ 鹿肉バーガー(ラグーソース)」は、一部店舗をのぞく全国のロッテリアで購入でき、単品の価格は税抜720円です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「うまみ」にこだわるLA発のハンバーガーショップ「UMAMI BURGER」でトロトロに煮込んだ豚をはさんだ「プルドポークバーガー」を味わってきた - GIGAZINE

シカ・イノシシなどの「ジビエ肉」専門加工施設で国内最大規模の「九州狩猟肉加工センター」取材レポ - GIGAZINE

ハンターが狩った鹿の生肉をゲットしたので「鹿シチュー」などを作ってみた - GIGAZINE

ウサギの丸焼きが食べられる「聚福楼(ジュフクロウ)」で大量のお肉に食らいついてきました - GIGAZINE

ドーナツバーガーや揚げバーガーなど、世界の変わり種ハンバーガーあれこれ - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.