試食

スパイスの効いた肉をガッツリ楽しむカレー居酒屋「YELLOW」の冬限定鍋コースなど新メニュー4種類を食べに行ってきた


40種類以上のスパイスとお酒を楽しめるカレー居酒屋「YELLOW」で、肉を心ゆくまで楽しめる鍋コース「冬のアルナーチャラ鍋コース」と、野菜をたっぷり食べられる「冬のアダムス・ピーク鍋コース」が2019年12月9日(月)から登場予定です。また、新メニューとなるヌードルメニュー「スパイスヌードル」「胡麻味のスパイスヌードル」も登場予定とのことなので、一足早く食べに行ってきました。

食卓で旅するカレー居酒屋「YELLOW(イエロー)」が2019年6月17日(月)、グランフロント大阪にオープン
https://www.yeeellow.com/

目次:
◆肉をガッツリ楽しむ「冬のアルナーチャラ鍋コース」
◆野菜中心であっさり「冬のアダムス・ピーク鍋コース」
◆「スパイスヌードル」&「胡麻味のスパイスヌードル」

YELLOWの住所は「大阪府大阪市北区大深町4−20」、グランフロント大阪 南館の1階、JR大阪駅から徒歩3分ほどのところにあります。


グランフロント大阪に到着。


南館1階にあるYELLOWにやってきました。


45席ある店内はカレー屋でも居酒屋でもなくカフェのような雰囲気ですが、さまざまなスパイスが香り食欲をかき立てられます。


◆肉をガッツリ楽しむ「冬のアルナーチャラ鍋コース」
「冬のアルナーチャラ鍋コース」は肉を中心としたコースで以下の画像は2人前のメニュー。鍋は野菜がたっぷり入っていますが、副菜はガッツリ肉だらけ。


鍋の具は、鶏モモ肉、かぼちゃ、しめじ、えのき茸、まいたけ、パクチー。


鶏モモ肉は骨付きで塊のまま入っています。3人前以上になると、鶏がまるごと入ることもあるとのこと。


鍋の大きさは全長123.8mmのiPhone SEと比較するとこのくらい。


鍋は厨房で仕上げてもらうスタイルで、出来上がると焼き石が入った状態で提供されます。かぼちゃとココナツミルクがベースのスープがグツグツと音をたて、かなり熱そう。


鶏モモ肉を切り分け……


お皿にとりわけます。


鶏モモ肉はしっとりと柔らかく、中までしっかり火が通っています。ココナツミルクのまろやかなコクが広がり、カルダモンなどのスパイスが後からほんのり香ってきます。


ほくほくで甘みの強いかぼちゃはスープにも溶けこんでおり、こっくりと濃厚な味わい。全体的にはタイ料理のイエローカレーのような雰囲気で、かぼちゃが甘みを加えていることもあり、甘さと辛さが絶妙なバランスです。


スープがまろやかなので「もっと辛さがほしい!」という場合は、ソースで辛さを調節できます。ソースは油を八角、シナモン、唐辛子、カルダモン、クローブ、シナモン、クミン、コリアンダー、ターメリックなどで香り付けしたもの。


ソースはピリッとした辛さというよりも、後からじわじわと舌に響き、体の内側から熱が湧いてくるような辛さ。スプーン1杯の量でもかなり味に辛さと深みが増します。


鍋を食べつつ、副菜にも手を出します。大皿に入っていたのは、タンドリーチキン、スペアリブ、軟骨のスパイシー焼き、焼きもも


タンドリーチキンはしっかりとかみ応えのある鶏もも肉で、ターメリックがふわっと香ります。鍋&ソースがスパイシーだったため、比較的辛みと酸味が控えめに感じられます。鍋の鶏肉はスープで柔らかく煮込まれていましたが、タンドリーチキンはかみごたえがあり、鶏肉そのもののうま味を堪能できる味わいでした。


スペアリブはカリカリに焼き上げられており、「スパイスの辛さ」というより「ハーブの香り」で風味付けられています。かむとじゅわっと豚の肉汁があふれるので肉好きの欲望を満足させてくれるはず。今回のメニューの中では比較的マイルドだったので、辛さで舌をしびれさせることなく、しっかり肉のうまみを楽しめました。


軟骨のスパイシー焼きはターメリックの風味が強く、舌にピリッとくる辛さがあります。コリコリとした歯ごたえがクセになり、濃い味つけがお酒のアテにぴったりといった感じ。


焼きももはプリッとした皮にひき肉とパクチーがたっぷり入っています。酸味が強めのタマリンドのソースがかかっているためか、パクチー特有の香りは控えめに感じられました。


スパイス唐揚げとフライドポテトが盛られた皿。スパイス唐揚げにはパクチーミントたれがかかっていますが、パクチーが苦手な場合は注文前に店員さんに相談すれば別のたれに変えてもらえるなど、柔軟に対応してもらえるとのこと。


唐揚げの衣は薄く、清涼感ある香りのパクチーミントたれが脂っこさを和らげています。前回YELLOWにやってきたときは、かなりパクチーミントたれが辛かったのですが、今回はかなり控えめな辛さになっていました。


フライドポテトは見た目は普通なのですが、これもがっつりスパイス風味。塩気も効いていてお酒のアテにぴったりです。


肉料理だらけで副菜というより副「肉」といった感じですが、キュウリや玉ネギをライム果汁であえた「カチュンバ」と呼ばれる浅漬けのようなものが、さっぱりとした味わいで口の中をリセットしてくれます。


鍋は締めにラーメンか雑炊を選ぶことができます。アルナーチャラ鍋ではラーメンを選択してみました。


締めは自分で作るのではなく、店員さんが厨房で作ってくれるので楽ちんです。


ラーメンはかぼちゃとココナツミルクで優しい味わいになっていますが、スパイスの深い香りが後を引きます。細麺に濃厚なスープが絡んで、もう一口、もう一口と食べ進んでしまいそうなやみつきになる味わいでした。肉が多いためか、全体的に刺激強めのスパイスが使用されているので、ガッツリ辛さを楽しみたい方におすすめなコースでした。


コースにはデザートに自家製ジェラートがつき「桃とローズマリー」「5種のスパイスと赤ワイン」「マンゴーとパッションフルーツ」「ココナツとカルダモンのミルク」から選択できます。


◆野菜中心であっさり「冬のアダムス・ピーク鍋コース」
「冬のアダムス・ピーク鍋コース」は野菜を中心としたメニュー。


鍋には骨つき鶏モモ肉、キャベツ、パクチー、じゃがいも、えのき茸、マイタケが入っています。


アルナーチャラ鍋と同じく、厨房で調理され焼き石が入った状態で提供されます。


鶏モモ肉を切り分け……


盛り付けます。


スープは鶏や野菜のだしがよく出たカレースープ。スープには唐辛子やカルダモンなどのスパイスが入っており、一口めはそこまで辛さを感じないのですが、食べ進めるとじわじわ辛みが増していきます。


アルナーチャラ鍋にはかぼちゃが入っていましたが、アダムス・ピーク鍋にはジャガイモが入っていました。スープのうま味を吸ったじゃがいもは、口の中でほろほろとくずれていくほど柔らかく煮込まれています。厨房で調理してくれるので、じゃがいもやかぼちゃのような火の通りにくい野菜も楽しめるのがうれしいところ。


アルナーチャラ鍋と同様にソースで辛さを調節することができます。スープがシンプルであっさりしているので食べやすく、ソースを加えればスパイスの辛さや香りをじっくり堪能することができるので、鍋でスパイスを楽しみたい場合はアダムス・ピーク鍋コースを選択するのがおすすめ。


アダムス・ピーク鍋コースの副菜は、長いもとゴボウのフリット、マンゴーとアボカドのロンドン風サラダ、カチュンバ、たこのマリネ、ひよこ豆・いんげん豆・とうもろこしのサブジと、野菜中心です。


長いもとゴボウのフリットは、辛さや酸味などが控えめで、素材そのものの甘みを少量のスパイスで引き立てているイメージ。口にいれるとシナモンがふわっと香ります。塩気はしっかりしているのでお酒も進みます。


たこのマリネはライム果汁があえられていますが、優しく爽やかな酸味でした。セロリのシャキシャキ感とたこの弾力が絶妙な歯ごたえです。


コースの締めは雑炊にしました。サフランライスを雑炊にしていきます。


厨房で調理してもらった雑炊は卵が追加され、サフランライスが入ったこともあって全体的に黄色みがかっています。


鶏や野菜のうまみを吸った雑炊は優しい味わいで、ほんのりとサフランが香ります。卵によりスパイスの刺激もマイルドになっていました。野菜が中心で、全体的に辛さの強いものはないので、スパイスの香りや風味を楽しむことができるコースでした。


アルナーチャラ鍋コースと同じく、コースにはデザートに自家製ジェラートがつきます。


◆「スパイスヌードル」&「胡麻味のスパイスヌードル」
YELLOWではライスやホッパーでカレーを楽しむことができますが、新メニューとしてヌードル系のメニュー「スパイスヌードル(左)」と「胡麻味のスパイスヌードル(右)」が登場しています。


まずは「スパイスヌードル」から、パクチーと茹でもも、揚げワンタンがトッピングされています。


カリッと香ばしいワンタンは、そのまま食べるもよし、スープにひたして柔らかくするのもよし。口に入れると皮から肉汁がじゅわっとあふれてきます。


大きな茹でももは、皮がぷるぷるで柔らかく、箸で持つのもやっとです。中に詰まった粗びき肉は茹でられたことにより、しっとりジューシーな仕上がりになっていました。


スパイスヌードルは牛や鶏からとっただしがベースで、ココナツオイルやココナツミルクを加えているとのこと。麺をすすると一口目からピリッと辛く、中太麺にとろっとしたコクのあるスープが絡んで食べるほどに汗がにじむ辛さです。大量に入っているパクチーや八角の香りが華やかで、パクチーのみずみずしさが辛さを和らげてくれるようでした。


胡麻味のスパイスヌードルは、ココナツミルクが入っており、白ネギと茹でモモ、ワンタンがトッピングされています。


どっしりと濃厚なスープは、食べ始めはあまり辛さを感じませんが、食べ進めるごとにじわじわと辛さが増していくような味わい。胡麻の風味とココナッツミルクのコクが加わり、担々麺のような、カオソーイのような仕上がりになっていました。


「冬のアダムス・ピーク鍋コース」は飲み放題付き(90分)で1人あたり税抜4000円、「冬のアルナーチャラ鍋コース」は飲み放題付き(90分)で1人あたり税抜5000円、スパイスヌードルは税抜890円、「胡麻味のスパイスヌードル」は税抜900円となっています。「冬のアダムス・ピーク鍋コース」「冬のアルナーチャラ鍋コース」はディナー限定で事前予約が推奨されており、3日前までの予約で2割引が適用されるとのこと。

なお、YELLOWの営業時間は11:00~23:00(L.O:ドリンク 22:30/フード 22:15)、ランチタイムは11時から17時で、ディナータイムは17時から23時となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
40種類のスパイスを使ったスープストックトーキョーのカレー居酒屋「YELLOW」でちょっとずついろいろ食べてきた - GIGAZINE

わずか5分炒めるだけでキーマカレーが誰でも手軽に作れる「CUPCOOK キーマカレー」を使ってみた - GIGAZINE

鍋にギリギリまで具材を放り込んで誰よりもおいしいカレーを追求するカードゲーム「ギリギリカレー」を遊んでみた - GIGAZINE

「麻薬的」と評され中毒者続出という本格インドカレーのパイオニア「デリー」の味をおうちで簡単に楽しめる「BALMUDA The Curry」を実際に作って食べてみました - GIGAZINE

カレーと餃子を合わせた夢のメニュー・ぎょうざカレーを「みよしの」で食べてきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.