試食

カニの旨味とクリーミーな濃厚スープの組みあわせがやみつきになる「日清 カップヌードル 濃厚カニクリーム味」を食べてみた


日清食品より2019年11月11日(日)から「カップヌードル 濃厚カニクリーム味 ビッグ」が発売されています。冬の味覚の代表格である「カニ」を取り入れ、カニクリームコロッケの中身をイメージした濃厚なスープに仕上がっているとのことなので、実際に食べて確かめてみました。

「カップヌードル 濃厚カニクリーム味 ビッグ」(11月11日発売) | 日清食品グループ
https://www.nissin.com/jp/news/8255

クリームを連想させるパッケージ色の「カップヌードル 濃厚カニクリーム味 ビッグ」。2017年の「カップヌードル リッチ 松茸薫る濃厚きのこクリーム」、2018年の「カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム」のように、日清食品ではここ数年、秋から冬にかけてクリーム味のインスタントラーメンを発売しており、その流れを受けて登場した品です。


パッケージには「カニ」の文字に目とハサミがついたロゴが描かれていて、「カニの旨味とクリーミーなコク」の文字とともにカニを強調するデザインになっています。


原材料はこんな感じ。スープには「クリーミングパウダー」や「かに調味料」が使われています。かやくには「魚肉練り製品」が含まれるものの、カニはないことがわかります。


カロリーはめん・かやくが409kcal、スープが96kcal、合計で507kcalとなっています。


フタを開けてみると「クリーミーパウダー」がインスタント麺を覆っている状態でした。ほのかにカニクリームの匂いも感じられます。


早速お湯をカップに注ぎ、3分待ったら完成です。


スープは焼きがにの香ばしさが濃厚で、しかもとろりと舌に残るので、一口ごとに濃厚なうまみが染み渡るのを感じつつほっと一息つけるような印象。カップヌードルシリーズ共通の縮れが強い麺にスープがしっかり絡みつき、麺のプリプリとした食感もカニの風味と絶妙にマッチしています。魚介系のかやくもカニクリームのスープをしっかり吸っているので、噛むたびに旨味が口いっぱいに広がります。


スープだけすくって飲んでみると、麺をすすっている時はあまり気がつかなかったカニの甘みも後味として残るとともに、スープのクリーミーさがより伝わってきました。


「カップヌードル 濃厚カニクリーム味 ビッグ」は2019年11月11日(日)から税別220円で販売中。また、記事作成時点ではAmazon.co.jpでも12個セットで税込2608円で販売されています。

Amazon | 日清 カップヌードル 濃厚カニクリーム味 ビッグ 108g ×12個 | カップヌードル | 麺類・パスタ 通販

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
味噌の香りとごはんとの相性抜群な「日清 カップヌードル 味噌」とスモーキー&スパイシーな地中海風「カップヌードル しお」を食べてみた - GIGAZINE

花椒のシビれる辛さをカップ麺で思う存分楽しめる「カップヌードル 花椒シビうま激辛麻辣味 ビッグ」を食べてみた - GIGAZINE

塩分30%オフの「カップヌードル ソルトオフ」はいつものカップヌードルとどう違うのか確かめてみた - GIGAZINE

ガーリックオイルの香りがやたら本格的な「チキンラーメンどんぶり チキンのアヒージョ風」を食べてみました - GIGAZINE

ラーメンを食べた後のスープにご飯をぶっ込んだ時の背徳感を完全再現した「カップヌードル ぶっこみ飯」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1n_yi

You can read the machine translated English article here.