試食

とろろが炭火焼き鶏にからむ「きのこと炭火焼き鶏の塩出汁とろ旨鍋定食」など大戸屋の新メニュー2種を食べてきた


塩麹をだしに加え、とろろをかけた「きのこと炭火焼き鶏の塩出汁とろ旨鍋定食」と、チゲスープで魚介を煮込んだ「すけそう鱈とあさりのコク辛チゲ鍋定食」が2019年11月5日(火)からの期間限定で、大戸屋に登場しています。肌寒い季節にぴったりな熱々の鍋定食を実際に食べにいってきました。

11/5(火)~ きのこと炭火焼き鶏の塩出汁とろ旨鍋定食|メニューのご案内|大戸屋
https://www.ootoya.com/menu/detail/003435.html

11/5(火)~ すけそう鱈とあさりのコク辛チゲ鍋定食|メニューのご案内|大戸屋
https://www.ootoya.com/menu/detail/003436.html

大戸屋に到着。


さっそく新メニューを注文。注文してから10分ほどで料理が運ばれてきました。「きのこと炭火焼き鶏の塩出汁とろ旨鍋定食」は531kcalで税込890円。トッピング用にとろろとゆずこしょうがついています。


具は炭火焼き鶏、白菜、長ネギ、しいたけ、しめじ、なめこが入っています。


スープは鶏のだしが効いており、雑味のないすっきりとした味わい。炭火の香ばしさが感じられる鶏肉はごろっと大きく食べ応えがあります。スープの味が控えめな分、野菜がもつ甘みをより感じられます。


とろろをかけると……


とろろの優しい甘みがスープと絶妙に混ざり合い、あっさりとした中にもまろやかなコクが感じられる味わいに変化します。ゆずこしょうを足すとピリッと辛みがプラスされ、メリハリのある味わいになり、ひとつの鍋で三種類の味が楽しめる仕上がりになっていました。


「すけそう鱈とあさりのコク辛チゲ鍋定食」は556kcalで税込890円。


具はすけそう鱈、あさり、小松菜、卵、豆腐、しめじが入っています。


一口食べると魚介のだしがしっかりと出たスープのうまみと、唐辛子のピリッとした辛さが口に広がります。辛さは控えめですが、食べ続けているとじんわりと汗が出てきます。揚げてあるすけそう鱈は衣はサクサク、白身はしっとりと柔らかい食感。くたくたに煮込まれた野菜にもスープがよく染みていました。


「きのこと炭火焼き鶏の塩出汁とろ旨鍋定食」「すけそう鱈とあさりのコク辛チゲ鍋定食」は税込890円で、2019年11月5日(火)から一部店舗を除く全国の大戸屋で提供されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
カウンター席で1人でも気軽にもつ鍋を楽しめる「博多もつ鍋 おおやま カウンター KITTE博多店」で1人もつ鍋を堪能してきました - GIGAZINE

45年間も物理的に受け継がれるスープの秘密とは? - GIGAZINE

フタがなんとフライパンや天板になり無水&無油&オーブン&余熱調理や蒸し料理などがガシガシできる「ビタクラフト ダブルグリル」を使ってみました - GIGAZINE

明治時代から続く馬肉を使った郷土料理「桜なべ」を食べてきました - GIGAZINE

人類の英知を結集したと言われる「ピェンロー鍋」は一体どんな食べ物なのか?実際に作ってみました - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.