試食

吉野家が国会議事堂用に開発した限定「牛重」を羽田空港で食べてきた


吉野家は2013年に国会議事堂敷地内に店舗をオープンさせており、国会議事堂限定のメニューとして「牛重」を登場させました。国会議事堂の吉野家は一般人にはアクセスできませんが、実は「牛重」は羽田空港でも提供されており、そっちは誰でも訪れることができるとのこと。国会議事堂のために開発された牛重は一体どんな味なのか、実際に行って食べてきました。

吉野家 | 羽田空港国際線旅客ターミナル
http://www.haneda-airport.jp/inter/premises/tenant/2500800015200000/index.html

牛重が食べられるのは羽田空港の国際線旅客ターミナル。出発ゲートの外なので、飛行機に乗らない人でも利用することができます。


ターミナルのエスカレーターで2階にあがると……


和な雰囲気の町並みが広がっています。レストランや本屋さん、雑貨屋さんが入っているので、ここを抜けて……


さらに橋の下を通っていくと……


吉野家 羽田空港国際旅客ターミナル店に到着。かなり隅っこの方、24時間営業の飲食店が並んでいるスペースにありました。


さっそくお店に入ってカウンターへ。なお、テーブル席もありますが、一般的な吉野家と違って相席システムなので、テーブル席でも見知らぬ旅人と居合わせることがあります。


メニューを開くと……


牛重を発見。税抜1389円、税込で1527円となっています。


待つこと数分、みそ汁と漬物がついたお重が到着。


パカっとフタをあけると、普段の吉野家と違った雰囲気の牛丼がそこに。ご飯が見えなくなるまで牛肉がしかれ、いつもの玉ねぎではなく白ねぎが添えられています。


全長123.8mmのiPhoneと比較するとお重はこのくらいのサイズ。


いつもの吉野家の牛丼よりも色が濃いめ。お肉もやや厚めで、何よりも脂が放つツヤツヤとした輝きが違います。


さっそく食べてみると、口に入れた瞬間にじゅわ~と牛肉の脂の旨みが広がります。普段の牛丼にはたまねぎ独特の甘みや香りがありますが、牛重はひたすら「肉のうまみ」に特化しており、味付けはしょうゆと砂糖をベースとした、「すきやき」そのもの。


肉質はしっとりと柔らかく、かめばかむほど脂の旨みが感じられ、脳内物質がドバドバ出ているような幸せな気持ちになります。


ご飯と一緒に食べると、その相性は言わずもがな。単品で生卵を注文し、合わせてもよさそうでした。


汁を吸った白ねぎも甘辛い味付けですが、シャキシャキした食感を保っています。


牛重はこってりした味わいなので、だしの優しいおみそ汁や……


サッパリしたお漬物とよくあいました。


牛重が食べられるのは吉野家 永田町一丁目店と羽田空港国際線旅客ターミナル店の2店舗。なお、2019年8月には全国の吉野家で期間限定の「(PDFファイル)特撰すきやき重」が登場しましたが、特撰すきやき重がサーロインを使っているのに対し、牛重は国産和牛のカタ肉を使っているとのこと。以下の記事を読むと、2つの違いがよくわかります。

吉野家史上初のサーロインを使った「特撰すきやき重」が数量限定で登場したので食べてみた - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
吉野家初の非常用保存食「缶飯」が登場したので食べ比べてみた - GIGAZINE

吉野家×ライザップのダイエット飯「ライザップ牛サラダ」を食べてみた - GIGAZINE

A5ランクの最高級牛肉をお一人様でも立ち食いスタイルで楽しめる「治郎丸」に行ってきました - GIGAZINE

ビーフジャーキーの新境地を開きまくりな「自家製ジャーキーメーカー」で牛タン・カルビ・ロースなビーフジャーキーを作ってみました - GIGAZINE

ステーキ専門家は見た目と味だけで高級ステーキを見分けることができるのか? - GIGAZINE

ステーキの最適な焼き方を肉の厚み・調理法に応じて科学的に教えてくれるステーキ好き必見の「Cook My Meat」レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.