乗り物

太陽光発電も可能なEV「Lightyear One」が空力特性の世界記録を樹立


フル充電時の最大航続距離725kmに加えて、ボンネットとルーフに備え付けられたソーラーパネルでいつでも充電可能な電気自動車(EV)「Lightyear One」が5人乗りの自動車における空力特性の世界記録を樹立しました。

Home | The electric car that charges itself with sunlight | Lightyear
https://lightyear.one/

Lightyear One solar car sets record for world's most aerodynamic car | The Driven
https://thedriven.io/2019/10/30/lightyear-one-solar-car-sets-record-for-worlds-most-aerodynamic-car/

Lightyear Oneはオランダのスタートアップ企業「Lightyear」が製造・販売するEVです。Lightyear Oneの最大の特徴は、ボンネットとルーフに安全ガラスで守られた「ソーラーパネル」が埋め込まれているという点。Lightyear Oneは、WLTP定められた燃費試験により証明された、フル充電時の最大航続距離・725kmのバッテリーを備えています。このバッテリーに加えて、ソーラーパネルによる太陽光発電を行うことで航続距離を1時間あたり最大12km伸ばすことが可能。公式ページによると、冬期に暖房をつけながら走ったとしても、高速道路ならば400km走行できるとのこと。


このバッテリーとソーラーパネルによる動力を最大限に生かすのが、デザインだけでなくパフォーマンスも重視して、細部まで設計を重ねたという車体です。Lightyear Oneの車体は空力特性と軽量化の両方を実現したそうで、空力によって消費されるエネルギーを最大限に抑えることを目指したとのこと。空力とは、走行中に車に働く空気による力を指す言葉です。車が進む向きに対して反対には「空気抵抗」が働き、車の垂直方向には「揚力」が働きます。空力が大きいと、走行時のパワーロスが増加するため、燃費が悪くなってしまいます。空力特性が優れているとは、走行時に受ける空力が少ないということ意味します。


車体自体には最新の素材が使われており、総重量を減らしながらも、厳しい安全基準をクリアしたとのこと。


また、車輪はそれぞれ独立して駆動可能で、各車輪の動きに応じて、必要最小限の電力だけが供給される仕組みです。


空力特性を計測する風洞試験の結果、Lightyear Oneはこれまでに「世界で最も空力特性が優れている」とされてきた、2019年製のメルセデス・ベンツ Aクラスを上回って、空力特性の世界新記録を樹立しました。

空力特性世界記録を樹立するために、どのように車体の設計と最終調整を行ったかについて、Lightyearはムービーを公開しています。

Lightyear One | Testing Aerodynamic Performance in the Windtunnel - YouTube


風洞試験では、まず平均的な天候・気候などの環境における空気抵抗と揚力を測定したとのこと。


通常時における測定結果を元に、車体の20箇所から25箇所にテープを貼って形状を調整。わずかな車体の角度などが、風洞試験の結果にどれほどの影響を与えるかを計測したそうです。


Lightyear Oneは縦長で後部の傾斜が緩やかなため、短く後部の傾斜が急な車体に比べて、車の後部に発生する風の流れによって、揚力に対する回復力を得ることが可能。


ホイールカバーもまた重要なポイント。ホイールカバーで車輪周辺の風を制御することによって、空力特性を大きく向上させたそうです。


Lightyear Oneの出荷時期は2021年以降。価格は14万9000ユーロ(約1800万円)となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ブガッティ・シロンが時速490kmを突破しこれまでの市販車最速記録を追い抜く - GIGAZINE

超音波センサーやファルコンウィングドアを搭載し自動運転にも対応した未来感あふれるテスラ「モデルX」「モデルS」をじっくり見てきました - GIGAZINE

わずか3秒で0-100km/h加速が可能というテスラ「モデルS」「モデルX」試乗レポート、その驚異的な加速ぶりを体験してきました - GIGAZINE

日本デリバリー間近のテスラの低価格モデル「Model 3」をじっくりチェックしてきた - GIGAZINE

ダイソンが電気自動車プロジェクトを断念 - GIGAZINE

in 乗り物, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.