試食

ほろ苦コーヒーゼリーとマロンクリームがたっぷり入った「モンブランパルフェ」などカフェ・ド・クリエの新メニュー4種試食レビュー


北海道産牛乳とエスプレッソで仕立てたカフェラテに塩キャラメルを加えたカフェ・ド・クリエの新メニュー「ビタークランチキャラメルラテ」「ソルベージュ ビタークランチキャラメル」が登場しています。ほろ苦いドリンクに合わせて、コーヒーゼリーベースの「モンブランパルフェ」やコクのあるクリームチーズをはさんだ「トーストサンドサーモン&チーズ」も登場しているので、実際に食べに行ってきました。

ビタースイートなエスプレッソドリンク2品とサーモン&チーズのトーストサンド、栗のデザートが登場!| CAFÉ de CRIÉ
(PDFファイル)https://www.pokkacreate.co.jp/press/1910/191009_02.pdf

カフェ・ド・クリエにやってきました。


さっそく新メニューを注文。まずは「ビタークランチキャラメルラテ」と「モンブランパルフェ」から。


モンブランパルフェは、マロンのホイップにココアパウダーと蜜煮のマロンがトッピングされています。


マロンホイップの下に、バニラアイス、グラハムクラッカー、ホイップクリーム、マロンソース、コーヒーゼリーが層を成しています。


マロンの蜜煮はしっとりとしていながらも、くりのほくほくした食感が残っています。


苦味強めのコーヒーゼリーと一緒に食べることで、マロンクリームやバニラアイスの甘さが引き締まり、大人なデザートといった感じの味わいに。グラハムクラッカーのサクサク感がいいアクセントになっています。


ビタークランチキャラメルラテは、塩キャラメルのシロップを加えたカフェラテに、ホイップとキャラメルソース、コーヒーキャンディクランチがトッピングされています。


ラテの熱で溶けこんでしまったホイップクリームによって、ビター感はあまりなく、キャラメルとミルクの甘さが際だった味わい。塩キャラメルの塩気がほんのり感じられ、後を引く味わいです。


ソルベージュ ビタークランチキャラメル」と「トーストサンドサーモン&チーズ」も注文しました。


トーストサンドサーモン&チーズは、軽くトーストした食パンにきゅうりとスモークサーモン、タルタルソース、クリームチーズがサンドされています。


スモークサーモンをまろやかなクリームチーズとタルタルソースが包んで濃厚な味わいかと思いきや、みずみずしいきゅうりによってチーズとタルタルのこってり感が和らぎ、後味はさっぱりとしています。


ソルベージュ ビタークランチキャラメルは、キャラメルラテをシャーベット状に仕立てたソルベージュと、エスプレッソに塩キャラメルシロップ、北海道産牛乳を加え、ホイップとコーヒーキャンディクランチがトッピングされています。ソルベージュとはカフェ・ド・クリエのフローズンドリンクのこと。


濃厚なホイップクリームと塩キャラメルの甘塩っぱさ、コーヒーキャンディクランチの甘苦い味が相性ぴったりで、トッピングだけでひとつのデザートとして楽しめるくらいの仕上がりでした。


ドリンクはソルベージュのシャリシャリ感が心地よく、ビタークランチキャラメルラテよりも苦味は強め。ですが塩キャラメルとミルクの甘みが前面に押しだされており、ビター感は後味にふわっと感じられる程度でした。


「モンブランパルフェ」は税抜420円、「ビタークランチキャラメルラテ」は税抜380円、「トーストサンドサーモン&チーズ」は税抜440円、「ソルベージュ ビタークランチキャラメル」は税抜410円で、2019年10月16日(水)から一部店舗を除く全国のカフェ・ド・クリエで登場しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
お家アイスクリームが限界突破する牛乳だけで簡単にカフェの贅沢な味わいが楽しめる「ボス ラテベース クリーミーベイクドチーズケーキ」を使ってみた - GIGAZINE

「このショートケーキはもはや飲物」「ティラミスの完成度が高すぎる」などコンビニカップケーキの本気を垣間見たローソン「CUPKE(カプケ)」を一足先に食べてみた - GIGAZINE

コーヒーを楽しむために重要な「コーヒーの基本」とは? - GIGAZINE

秘密の暗号キーを入手しないと入れない地下階段を下りた先にある謎のカフェ「エンジェル ライブラリー」に行ってきました - GIGAZINE

最初からバターがじゅわっと染みこんでテカテカ輝くホットケーキを「純喫茶アメリカン」で食べてきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.