ゲーム

ポケモンGOがプレイヤー間でのオンラインバトル機能「GO Battle League」を2020年初頭に実装


ポケットモンスターシリーズには世界中のプレイヤーが大切に育てたポケモンをバトルで戦わせるオンラインマルチ対戦モードが存在しており、非常に人気の高いコンテンツとなっています。スマートフォン向けゲームの「ポケモンGO」にも「トレーナーバトル」というプレイヤー対プレイヤーによるバトル機能が存在しますが、このバトル機能をさらに拡充して、世界中のいろんなプレイヤーと競い合うことが可能となる新しいバトル機能が追加されることが正式に明らかになりました。ポケモンGO公式によると、新しく実装されるオンラインバトル機能は「GO Battle League」という名称になります。

Coming 2020: GO Battle League - Pokémon GO
https://pokemongolive.com/post/gobattleleague-announcement


公式によると、多くのポケモンGOの機能と同じように、GO Battle Leagueはプレイヤーがポケモンの世界を探索することを奨励するような機能になるとのこと。トレーナーはGO Battle Leagueに参加するために歩く必要があるそうで、オンラインマッチングシステムを介して世界中のトレーナーと自分の育てたポケモンを競い合わせ、リーグのランクを上げていくことが可能となるようです。

ポケモンGOには元々「トレーナーバトル」というフレンドや他のトレーナーと対戦できる機能がありますが、この機能ではフレンドもしくはアプリから発行可能な二次元コードを相手に読み取ってもらわないとバトルすることができないだけでなく、フレンドとの親密度が高くなければ遠く離れた場所にいるフレンドと対戦することはできませんでした。それに対して、GO Battle Leagueはオンラインマッチングシステムを用いて対戦を行い「ランクを上げていく」とされているため、ポケットモンスターシリーズのレーティングバトルのような、より自由にポケモンバトルを楽しめる機能になると予想できます。


開発チームはGO Battle Leagueの登場により、ポケモンGOの戦闘体験における競争力が高まり、より多くのトレーナーがさらにゲームに熱中することを願っていると記しています。

なお、GO Battle Leagueは2020年初頭にリリースされる予定で、近日中に詳細を含むムービーを公開予定だそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ポケモンGOが中高年の歩数を増やすのに有用であることが東大の研究者により示される - GIGAZINE

ポケモンGOの2018年の収益は約860億円、2017年より35%増 - GIGAZINE

ポケモンGOに熱中するあまり11台のスマホを自転車に装着して走り回るおじいさん - GIGAZINE

ポケモンGOがリアルイベントの失敗で集団訴訟を起こされるも約1億6000万円の支払いで和解 - GIGAZINE

in モバイル,   ゲーム, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.